メインイメージ

top

What' New

2019/01/11
エンヤトット一座HPリニューアル!NEW

» 過去ログ

Live


2018.12.8. エンヤトット一座Live
○日時:2018年12月8日(土) 
○場所:駄々 (鳥取市福部村岩戸276アイワナドゥ岩戸横)
○問合せ:090-4655-0812/河合 
     0857-74-3838/木の在る暮らし展
2018. 8.16. うちのの館・明治150年フェスティバル 
ゆかた・デ・ナイト2018

○日 時:8月16日(土)午後5時~午後8時
○場 所:五條・藤岡家住宅
(奈良県五條市近内町526 TEL:0747-22-4013)
○入 場:コンサートは無料ですが、入館料(大人300円)のみ必要となります。ただし、浴衣着用の方は無料です。
○出 演:
 17:00~ 講演「藤岡家と明治の文人たち」(川村優理)
 17:30~ HOOK ウクレレコンサート
 18:30~ 奥田真祐美シャンソン
 19:10~ エンヤトット一座ライブ
○主催者ページ:藤岡家住宅

» 過去ログ

Profile


エンヤトット一座縁起

 1990年11月、奈良県五條市で岡林信康の「エンヤトットで行きまSHOW!」ライブが開かれた。彼がベア・ナックルツアーを再開し、その後、日本のリズムをベースにしたエンヤトット・ミュージックを展開し始めた時である。岡林が提唱するエンヤトット・ミュージックとは、「ロックをいくら追及しても、しょせん西洋のコピーに過ぎない。かと言って、民謡や端唄・小唄・長唄をやっても、単なる伝統芸の保存・継承に終わってしまう。今や世界的に認知されている“レゲエ”というジャンルも、実は、ジャマイカの民俗音楽に西洋のロックのリズムが融合されて出来上がったもの。我々日本人も、“日本のレゲエ”を創造してみようではないか。」と、確かこんな話を置き土産にしていったと解釈している。
 このライブを主催する一方、エンヤトット・ミュージックの洗礼を受けた同志たちは、「エンヤトット一座」というバンドを結成。岡林が蒔いた種を大和(奈良県)の地でも花咲かせんと、「エンヤトット一座」の面々は、ギターや太鼓を手にし始めた。当初は「和」を強く意識して、和太鼓や三味線などを用いて音楽作りを行っていたが、「日本のリズム」や「大和の心」を奏でるに楽器の和洋は問わないはずと、ドラムや電気楽器を取り入れ、やがてロック・バンドのスタイルに進化を遂げた。
 2003年にはCDアルバム『六根清浄(ろっこんしょうじょう)』を発表。奈良県南部「吉野」には、奈良時代より修験道といった形で独自の精神文化が受け継がれているが、大峰修験者が山岳修行の中で繰り返し唱和する言葉「懺悔懺悔六根清浄」を題材にした楽曲「六根清浄」が好評を博す。また最近では、万葉集の中から普遍的なメッセージのこめられたものを選び、オリジナルのメロディーをつけ演奏している。こうした奈良の歴史や文化、風土を土壌にしながら、担ぎ桶胴太鼓やチャッパといった和楽器をロックバンドに取り込み、リズムの和洋折衷を楽しみながら真の「日本のロック」を世に問うている。

エンヤトット一座の足跡 ※主な活動歴

1990 Nov. 岡林信康ライブ“エンヤトットで行きまSHOW !”を主催(於:五條市市民会館)
    エンヤトット・サウンドを志した主催者スタッフ自らが"エンヤトット一座"を結成
1991 May. 南正人ライブで、前座として初ステージ(於:真美ヶ丘風光木、十津川スプルース)
  Sep. 五條メロディーフェアーに出演(於:五條上野野球場)
1992 Mar. 京橋(東京)キムラヤでライブ
  Aug. 高野山クラフトキャンプに出演
  Nov. 加川良ライブを主催(於:五條木材振興会館)
1993 Nov. 五條東中学校文化祭に出演
1994 May. 五條新町かげろう座でライブ(以後、毎年出演)
  Dec. 紀の国子どもの村学園クリスマス会に出演(和歌山県)
1995 May. 禅龍寺梵鐘落慶法要に出演(西吉野村)
  Sep. 南正人ライブを主催(於:五條木材振興会館)
1996 May. 吉井町城山公園祭りに出演(岡山県吉井町)
  Sep. 明日香彼岸花祭りに出演(明日香村稲淵)
  Nov. 橿原わたぼうしコンサートで「ソーラン讃歌」作詞・作曲賞を受賞
  (於:橿原文化会館)
  Nov. 高田渡ライブを主催(於:五條木材振興会館)
1997 May. 加川良with村上律ライブを主催(於:五條木材振興会館)
  Dec. 激突!社会人バンドコンテスト(産経新聞社主催)
    「寅さんのロックンロール」で、グランプリ大会に出場(於:サンケイホール)
1998 Jan. 五條市成人式典に出演(於:五條市民会館)
  Jun. 西岡恭蔵ライブを主催(於:西吉野遊佑舎)
  Aug. 24時間テレビ募金「愛は地球を救う」桜井会場でライブ
1999 Sep. 第23回大仏フェスティバル決勝大会に「下を向いて歩こう」で出場
    (あやめ池遊園地円形大ホール)
  Dec. あくあぴあ芥川クリスマスコンサートに出演(大阪府高槻市)
2000 Feb. アイワナドゥ岩戸でライブ(鳥取県岩美郡)
2001 Aug. 島根県広瀬町(尼子太鼓主催)でライブ
  Aug. 第1回隅田八幡「游神」コンサートに出演(和歌山県橋本市)
  Nov. 岐阜県福岡町(品村邸)でライブ
2002 Aug. 2002年幸盛祭「鹿介を語る夕べ & エンヤトット一座公演」(島根県広瀬町)
2003 Jun. ギャラリー「間」でライブ(橿原市今井町)
  May. 1stアルバム『六根清浄(ろっこんしょうじょう)』発表
  Oct. 奈良県立万葉文化館「万葉のひろば」に出演(高市郡明日香村)
2004 Aug. くりんと、2年連続で第2回「万葉の歌音楽祭」出演(主催:犬養万葉記念館)
  Sep. 天誅組141周年イベントに出演(五條史跡公園・長屋門跡)
  Nov. FMハイホー(81.4Mhz)SocoSocoサタディーで、一座オンエア
2005 Mar. 社会人ミュージックスタジアム’05(三木楽器主催)、
     「六根清浄」でグランプリ大会に出場(於:厚生年金会館芸術ホール)
  May. 第15回鎮守の森コンサートに出演(五條市御霊神社)
  Jun. 奈良テレビ番組「街かどウォッチャー」にエンヤトット一座出演
  Aug. 第5回隅田八幡神社「游神」コンサートに出演(和歌山県橋本市)
2006 Jan. ライブハウス・シエロ/オープニングライブ出演(奈良県五條市)
  Oct. 第2回まほろば音楽フェスティバルに「貧窮問答の歌」で出演(奈良県文化会館)
2007 Mar. 関空旅博2007 「平城遷都1300年記念事業」PR(関西国際空港エアロプラザ)
  Dec. 2ndアルバム『てんてんてん』発表
  Dec. 100回記念ライブ(モンベルクラブ五條店)
2008 Aug. TOYOPET MUSIC SESSION 全国ナイスミドル音楽祭2008関西ブロック大会に
  「六根清浄」で出場(新ABCホール)
2009 Aug. ゆかた で ナイト ~座・こんさーと~(奈良県五條市・藤岡家住宅)
2010 Feb.  See-ya ライブ(大阪府河内長野市)
  Aug. 平城遷都1300年祭まほろばステージ(奈良市/平城宮跡会場)
2011 Sep. 宇智小学校人権ライブに出演
2012 Feb. エンヤトット一座大塔復興チャリティー・コンサート(於:ダルシャン)
2013 Apr. しだれ桜クラフト&音楽祭に出演
  Sep. 天誅組150年祭前夜祭に出演(五條史跡公園・長屋門跡)
2014 Mar. 3rdアルバム『Mt. Kongou Worker's Band』発表
  Nov. 森の宿いろり~なライブ(滋賀県甲賀市)
  Dec. 下市温泉秋津荘クリスマスコンサート
2015 Feb. 心を風にさらそう!エンヤトット一座Live(鳥取市/駄駄)
Oct. 春日野音楽祭出演
2016 Oct. 大和を歌う吉野を歌う-音楽活動が切り拓く力・結ぶ力-(主催:桜井市PTA協議会)
2017 Sep. TOO HOT SUMMER ! LIVE(於:天理楽器大和八木店音蔵)主催:FUNNY TOWN
  Sep. 第15回万葉の歌音楽祭(主催:犬養万葉記念館)で「貧窮問答の歌」明日香賞受賞

member

Tasuku <Bass>
50歳を過ぎて脱サラ、木工房“佑”をたちあげ、今や机や椅子の製作を生業とする。工房内にはスタジオも完成、心おきなく練習に取り組めるようになったはずだが...。
Kunio <Drums>
長く旅に出ていたが、3年ぶりに復帰した。中学、高校、大学とバレーボール三昧の日々を送ってきた。
Clint <Vo. / A.Guitar>
吉野熊野国立公園は自分の庭と豪語し、森林インストラクターの資格も持つアウトドア人間。自宅にはかまどやウッド・デッキ、ログハウスをつくり、訪問者には自らアウトドア料理をふるまって「美味しい」と言わせている。
Fumiaki <E.Guitar / Cho.>
三度の飯よりバイクを愛し、日本列島を突っ走る。現在、バイクは5台以上、隠し持っているはず?最近、自宅に生ビールのサーバーを購入、家庭ビア・ガーデンと化している...。
Aki <Percussion / Cho.>
正確なリズムキープはメンバーズ随一。なんでも、草食系男子がタイプとか...。
Nanae <Keyboard>
一座6代目のキーボード担当。前任者は全員寿退職と、この席は縁起がいい。

CD Album

3rd Album
Mt. Kongou Worker's Band
 
(2014年)

エンヤトット一座・Ⅲアルバム。
結成二十四年熟成の十一曲リリース。
橿原わたぼうしコンサート作詞・作曲賞受賞曲「ソーラン讃歌」/ファン待望の「ホームセンターへ行こう」「中壁の戦い」/メンバー全員で歌う「What did you do last night ?」等収録。

title mp3
  1.OHKINI 詞・曲/くりんと
  2.with YOU 詞・曲/くりんと
  3.Get in the groove 詞・曲/くりんと
  4.Kahoo 詞・曲/くりんと
  5.ゴンドラの唄 詞/吉井勇 ・曲/中山晋平
  6.ソーラン讃歌 詞・曲/くりんと
  7.Izanagi & Izanami 詞・曲/くりんと
  8.中壁の戦い 詞・曲/くりんと
  9.明日に唄えば 詞・曲/くりんと
 10.ホームセンターへ行こう 詞・曲/くりんと
 11.What did you do last night ? 詞・曲/くりんと
補作詞/エンヤトット一座

【アルバム寸評】
今回のCDには、グループの変遷を感じます。「♪OHKINI」人気上昇中!
歳を重ね、ロックの世界・リズムへの誘いは、あたかも中島みゆきのそれと似ています。まさしく音を通して表現する人の、帰りゆく表現を感じます。そこから発せられる詞やメロディーは、聴く人の琴線に触れ、共感を伴い楽しみ、細胞の一部となるでしょう。いよいよ始まりですね。
すてきなアルバムありがとう。次作、楽しみに待ってます。(N・Y)



2nd Album
てんてんてん
(2007年)

古の都「奈良」から新しい音楽の創造と発信。
待望のエンヤトット一座セカンド・アルバム!
山上憶良との合作「貧窮問答の歌」、清流に育む日本の原風景「芳野川」、熊野古道に木霊する「てんてんてん」含む全6曲収録。

title mp3
1.てんてんてん 詞・曲/くりんと
2.人間 詞・曲/くりんと
3.明日は明日のそよ風よ吹け 詞・曲/くりんと
4.六根清浄 詞/エンヤトット一座・曲/くりんと
5.貧窮問答の歌 詞/山上憶良・現代語訳&曲/くりんと
 6.芳野川 詞・曲/くりんと

【アルバム寸評】
いい音楽は何年たってもふと聞きたくなります。マイCDコレクションは洋楽中心ですが、その中に数枚だけ日本人アーティストのCDがあります。昨年だったかな。このCDを購入させて頂きました。
はじめて聞いた瞬間、何だか懐かしい気分にさせてくれたCDで、あの時の感動は今でも忘れられません。
古の都「奈良」から新しい音楽の創造と発信をテーマに作られたこのCDには、かの有名な山上憶良の「貧窮問答の歌」を取り入れた万葉歌や、奈良の清流「芳野川」等、古都「奈良」から遠く離れた地に住む私にとって、音を身体に取り入れるだけで奈良が感じられるCDに仕上がっているのも魅力です。(風香)



1st Album
六根清浄
 
(2003年)

吉野大峰山系に木魂するエンヤトット・サウンド。日本のリズムとロックを融合させてここに成就す!
結成十三年の歩みを一挙に凝縮した、エンヤトット一座渾身のCDアルバム。

title mp3
1.40歳のレゲエ 詞・曲/くりんと
2.寅さんのロックン・ロール 詞・曲/くりんと
3.20世紀ららばい 詞・曲/くりんと
4.六根清浄 詞/エンヤトット一座・曲/くりんと
5.IWADO 詞・曲/くりんと
6.蔵王権現 詞・曲/くりんと
7.大和五條の空の下 詞・曲/くりんと
8.エンヤノヤ 詞・曲/くりんと
9.悟りが舞いおちる 詞・曲/くりんと
bonus truck)
 エンヤトット一座のテーマ
詞・曲/くりんと

Guitar Case


一座のヴォーカリストくりんとの音楽エッセイ。

107 天城越え 2018. 8.14.
106 『旅芸人のいた風景』プロとアマの違い 2018. 8.14.
105 ファミリーヒストリーにDNAの影 2016. 2.10.
104 「愛して愛して愛しちゃったのよ」田代美代子 2015.12.27.
102 ひと夏のファンタジア 2014. 9. 8.
101 南北戦争の銃弾 2014. 4. 6.
100 エンヤトット一座 3rd Album 「Mt. Kongou Worker's Band」 2014. 4. 6.
99 ウクライナの歌姫ナターシャ・グジー 2014. 3. 9.
98 『かぐや姫の物語』に見る自然描写と歴史的背景 2014. 1.26.
96 姫の犯した罪と罰 2014. 1.20.
95 大瀧詠一の日本ポップス伝「演歌とフォークソング」 2014. 1.20.
94 レクイエム“大瀧詠一” 2014. 1. 7.
93 カッコイイとは、こういうことさ 2013.12. 4.
92 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』 村上春樹 2013. 4.24.
91  映画『山桜』 2013. 4.18.
90 エチオピアの音楽職能民ラリベロッチ 2013. 3.21.
89 トラベリング・ウィルベリーズ The Traveling Wilburys 2013. 3.21.
88 「高倉健」という生き方 2012. 9.14.
87 PINK MARTINI & SAORI YUKI 『1969』 2012. 2.22.
86 朝ドラ『カーネーション』にはまる 2011.11.23.
85 石巻に立つということ 2011.11. 5.
84 サディスティック・ミカ・バンド 『NARKISSOS』 2011.11. 5.
83 Grooving(ノリ)の創造 2011. 3.28.
82 作詞家山田つぐと 2011. 1.12.
81 1961年生の田原俊彦と石野真子  2010.12.14.
80 鎮守の森コンサート 2010. 9.21.
79 つじあやの的展開  2010. 3.22.
78 わがヒーロー坂本龍馬のデジタル化 2010. 1. 2.
77 森繁久弥の『知床旅情』 2009.11.15.
76 草食系男子と「熱中時間」  2009. 7.15.
75 愛しあってるかい?ベイべ! 2009. 5.10.
74 平均律の限界 2009. 2.14.
73 『十九の春』 2009. 2.14.
72 おやじエンタテイメント「藤岡藤巻」 2008. 8.13.
71 山本潤子『SONGS』 2008. 2. 3.
70 椿三十郎 2008. 1. 4.
69 宮崎駿『風の帰る場所』 2007. 7.27.
68 母に捧げるロックン・ロール 2007. 5.28.
67 武士の一分 2007. 1.16.
66 硫黄島からの手紙 2007. 1. 8.
65 おもひでぽろぽろ 2007. 1. 2.
63 DAY DREAM BELIEVER 2006. 6.16.
61 平原綾香『From To』 2006. 3.22.
60 髭とサングラス 2005. 1.21.
59 たこ焼き屋の「信頼」/td> 2005. 1.12.
58 アーティスト冥利 2005.12. 2.
57 一座TV出演の理由 2005. 6.10.
56 アイビーよ永遠なれ 2005. 5.29.
55 タカダワタル的お別れ 2005. 4.21.
54 発露の間 2005. 4. 3.
53 ハイサイ!まちだ屋さん 2005. 1.19.
52 喜納昌吉とチャクラ 2005. 1.17.
51 2004年流行語大賞! 2005. 1. 4.
50 ロックバンドとオペレーター(PA) 2004. 9.30.
49 CM “Green Paradise” おお牧場はみどり 2004. 4. 5.
48 “ラスト サムライ”&“たそがれ清兵衛”  2004. 3.15.
47 「できる」と「みせる」はちがうということ 2003.12.31.
46  LET IT BE ... NAKED 2003.12.6.
45  歌垣と万葉集   2003.11.18.
44  「歌垣」というアジアの恋歌 2003.10.16.
43  奈良県立万葉文化館がおもしろい!   2003.10.16.
42  六甲おろしに颯爽と!   2003. 9.18.
41  SMAP♪世界に1つだけの花   2003. 9. 4.
40  一座の愉快なライブ?   2003. 7.26.
38  エンヤトット一座「六根清浄」 を解く   2003. 6. 6.
37  ザ・フォーク・クルセダーズ「戦争と平和」   2002.12.16.
36  伊藤若冲と林英哲   2002.12.10.
35  本家:岡林信康のエンヤトット・ライブ! 2002.10.15.
34  舞台ノ下ノ出演者! 2002.10. 9.
33  エイサーと篠原踊り! 2002.10. 4.
32  大きな古時計♪ 2002. 9.30.
31  わが心の太田裕美!   2002. 8.31.
30  ライブ後のライブ!   2002. 8.18.
29  ビギンの島唄がオススメ!   2002. 7.10.
28  三味線と三線とカンカラ三線   2002. 6.18.
26  イタリア歌曲とエンヤトット一座?   2002. 5.12.
23  シューベルトの『ます』のオチ? 2002. 3. 3.
22  河島英五「心から心へ」! 2002. 2.14.
21  祖父は興行師! 2002. 1.17.
20  披露宴芸に拍手喝采の理由! 2001.12.31.
19  芸術は、イメージと技術のバトルだ! 2001.12.11.
18  祝・ドリフターズ紅白出場! 2001.12. 5.
16  ジョン・レノン・ミュージアム!   2001.10.30.
15  音楽は宗教?  2001. 9.12.
13  エンヤトット一座の新境地!  2001. 8. 7.
12  ええぞ!都はるみ  2001. 6.28.
11  イチローよりも宇多田ヒカル! 2001. 5.25.
10  続・河島英五氏に捧ぐ 2001. 4.18.
9  追悼・河島英五氏に捧ぐ 2001. 4.17.
8  This is the Japanese love song "炭鉱節"!  2001. 4. 1.
7  プロの芸とは! 2001. 3.14.
6  成人式に出演!  2001. 2.14.
5  70・80年代のバンドが続々と再結成、そんな中!  2001. 2.14.
4  世界にうってでるなら”ヨイトマケの唄”! 2000.12.28.
3  舞太鼓あすか組にうたれる! 2000.12.18.
2  最近の流行歌のメッセージとは! 2000.11.30.
1  Jリーグに学べ、地域密着型のミュージシャン! 2000.11.23.