最新情報

竜口尾根から紀伊山地のグランドキャニオンを望む
 東大台の大蛇ーは、隆起準平原の縁(へり)であり、年間平均降水量4800mmもの雨によって谷頭浸食が進み、800m眼下に東ノ川が蛇行している。その東ノ川を挟んで前方には、大蛇ーと袂を分けた兄弟の隆起準平原が広がり、ほぼ真東に西大台の逆峠のピークを望むことができる。...

大台ヶ原ガイド

東大台・西大台・大杉谷・台高山系の登山コースをガイドします。
大台ヶ原開拓の歴史や地域の文化や伝説などを紹介します。

自然観察ノート

季節の花だよりやコケ、キノコなどを図鑑にしてみました。
標高1600m付近に自生する植物や衰退が危ぶまれる大台の森林を考えてみました。
奈良公園では神鹿のニホンジカも、紀伊山地では増えすぎその食害が課題となっています。
奈良の県鳥であるコマドリは、かつて大台ヶ原にたくさん生息していたと記録が残っていますが 。
大台ヶ原で採取されたものが標本となっている昆虫もあり、「オオダイ−」の名前が付いています。
大蛇ー付近は隆起準平原の西橋にあたり、崩れゆく紀伊山地のグランドキャニオンと表現できます。

更新履歴

 大台ヶ原森林鉄道を探る2〜トロッコ道跡編〜 2022. 7.31.
 大台ヶ原の哺乳類図鑑 2022. 1. 5.
 竜口尾根から紀伊山地のグランドキャニオンを望む 2021.10.31.