Mountain Guide
                         くりんとの登山ガイド

           
   
 西大台【逆峠〜小処温泉】
逆峠手前の展望良好地より東大台を望む

 
ミズナラの巨木   左)蒸籠ー 右)大蛇ー

  昭和36年(1961年)に大台ヶ原ドライブウェイが開通するまで、大台ヶ原への奈良県側からの登山道として、上北山ルート(河合〜小橡〜木和田〜逆峠〜開拓〜大台教会)と川上ルート(柏木〜入之波〜筏場〜大台辻〜大台教会)の2つが一般的であった。ただ、歴史を遡れば、松浦武四郎の場合、明治19年には天ヶ瀬→伯母ヶ峰→キワダズコ→経ヶ峰→シオカラ谷→大蛇ー、明治20年には、天ヶ瀬→小橡川→西原→辻堂山→キワダズコ→経ヶ峰→三津河落山→ナゴヤ谷→大蛇ーのルートを使って探検したと記録している。どうも様々なルートが開拓されていたようだ。
 さて、先の上北山ルートであるが、最近は木和田を起点とせず、小橡の小処(こどころ)温泉へ降りるルートが整備されている。問題は、小処温泉までバス等の公共交通機関が通じていないこと。さらに、このコースは利用調整区域の西大台を通過するため、事前の申請手続と入山前にレクチャーを受けておく必要がある。小橡〜大台ヶ原駐車場間は、林道木和田線(県道226号)を使うことで、小一時間というところだろうか。車2台で工夫されたい。
 ビジターセンターでレクチャーを受けた後、大台教会から七ツ池〜開拓分岐を通って、逆峠〜小処温泉をめざすとよい。ブナやミズナラ、カエデ類など落葉広葉樹中心の西大台の植生を満喫ながら、周回コースの半分を楽しむことができる。詳しい紹介は別項にあげる。
 開拓分岐で道を間違わぬよう、右手をとり南へ進む。ここはツキノワグマの目撃情報の多いところでもある。途中、「カボチャの木」と称されているミズナラの巨木を通過し、見晴らしのいい展望地に出る。ここからは、東ノ川を挟んで大蛇ーの向かいにあたるので、双眼鏡をもっていけば大蛇ーに出てきた登山客の姿もよく見える。

大蛇ーより逆峠を望む(小処温泉へはこの稜線に沿った登山道を歩く)

 展望地から逆峠をめざすと、すぐに西大台利用調整区域と別れを告げるゲートがあり、 ここから尾根伝いに穏やかな登山道が続く。途中、崩落箇所を避けるための高巻ルートがありひと汗かかなければならない。逆峠には標識があり、ここからゆるやかな下りルートになる。動物の気配はしても、人の気配はまったくしない。
 ところどころ、登山道沿いの大きなブナの木に打ち込まれた、白い磁器の碍子が目につく。大台教会を開いた古川嵩氏は、大台ヶ原の気象観測にも意欲的で、山頂付近での出水警告を下流の河合村林業組合に連絡する方法として、大正14年(1925年)に電話線の架設を大台教会−逆峠−河合間に施したという。したがって、この時の架線を通すための碍子が、そのまま100年近く残っているということになる。当時、既に大木であった樹木を選んで打ち込んでいるはずだから、そうしたブナの木の樹齢も数百年たっているかもしれない。

 北方向には、遠く稜線沿いに走る大台ケ原ドライブウェイが目に入る。やがて、広葉樹林に別れて人工林に入る。時折、林道と重なるが、再び急こう配の登山道という繰り返し。川のせせらぎが聞こえてくるころに、小処温泉の施設が見えてくる。

 
 
 
   

 
   

Copyright (C) Yoshino-Oomine Field Note