Nature Guide
                         くりんとの自然観察ガイド

           
   
 吉野川と中央構造線

芝崎の奇岩(五條市滝町)

 

【吉野川の岩石】
 吉野川(奈良県五條市)には、「芝崎」や「高岩」「筆捨て」といった奇岩が多く、また栄山寺浦や六倉、御蔵橋付近には「ー(くら)」も見られて、この川の風景を特徴づけている。吉野川は、日本有数の豪雨地域である大台ヶ原を源としながら、中央構造線の南縁にある破砕帯を浸食しつつ紀伊水道に流れている。その浸食によって三波川変成帯の岩盤がところどころに露出しており、この変成帯の結晶片岩(緑色片岩、黒色片岩)こそが先の奇岩やーを形成していると思われる 。
 また、吉野川の河原に見つけることのできる岩石には、結晶片岩以外に火成岩や堆積岩も見られるが、さほど種類も多くなく、10種類も覚えれば、吉野川の岩石インストラクターとなれる。そこで、岩石標本を作ろうと思い立ったが、インストラクターともなれば、中央構造線についても勉強しなくてはならない。 また、「領家変成帯」や「三波川変成帯」、「和泉層群」や「日高川層群」など、難しい語句も出てきたので、整理してみることにした。すると、吉野川に転がる約10種類の岩石の“本籍地”も明らかとなってきた。

火成岩 堆積岩 変成岩
 花崗岩

 砂岩・泥岩・礫岩・粘板岩・緑色岩・
 チャート・石灰岩

 結晶片岩(→黒色片岩・緑色片岩・
 砂質片岩・泥質片岩・珪質片岩)、片麻岩


花崗岩

砂岩

黒色片岩
 
チャート

緑色片岩
 
チャート
 
 
石灰岩
 
 
礫岩
 
                                                                                                                                  吉野川の岩石(奈良県五條市付近)

【中央構造線と三波川変成帯・領家変成帯】
 海洋プレートの沈みこみにともない、海洋プレート上の堆積物は剥ぎ取られていく。こうして海洋プレートから陸側プレートに付け加わって、大陸プレート側の一部になったものを「付加体」 という。3億年の間、アジア大陸のへりに太平洋に向かって成長した付加体が、のちの日本列島である。領家変成帯と三波川変成帯は、中生代白亜紀に異なる変成作用を受けたが、もとは同じジュラ紀の「付加体」である。
 領家変成帯は高温低圧型の変成、三波川変成帯は低温高圧型の変成を受けた広域変成帯である。元々異なった場所、異なった方法によって変成を受けたそれぞれの岩盤が、どのように動いて、中央構造線を境に接するようになったかはよくわかっていない。


白亜紀の西南日本の南北模式断面図 <参照:徳島県立博物館Web>

 「紀の川流域の地質」図をみた時に、吉野川本流は、「秩父帯(秩父累層群)」にその源を発し、吉野町あたりから四万十帯の日高川層群を通過する。したがって、砂岩・粘板岩・緑色岩・チャートは秩父帯の川上村産で、砂岩・泥岩は日高川層群の吉野町や東吉野村産となって、共に堆積岩である。万葉集に歌われる宮滝のーは、砂岩泥岩互層である。
 一方、高見川上流や津風呂湖から上流の川などは、「領家変成帯(領家変成複合岩類)」に端を発しており、花崗岩や片麻岩を産している。五條市の北端にそびえる金剛山は、花崗岩の山である。
 そして、吉野町に入ると中央構造線の南縁である破砕帯を浸食しており、三波川変成帯の結晶片岩が河床に露わとなる。緑色のは緑色片岩で黒色のは黒色片岩である。結晶片岩は、高圧や高温によってゆっくりと変成した岩石で、結晶がきれいにそろっているのが特徴である。緑色片岩は、二見浦の夫婦岩(伊勢市)や和歌山城の石垣にみられることから、三波変成帯の分布を知ることができる。

 少し下流へ下ると、五條市の大澤寺付近から加太海岸にかけて「和泉層群」が堆積しているため、ここからの支流からは礫岩や砂岩・泥岩が産することになる。


紀の川流域の地質 <参照:紀の川(吉野川)水系河川整備計画(案)平成213月・奈良県>

  岩石(※赤字は吉野川の岩石) 場所

(内帯)

領家変成帯 和泉層群 砂岩・泥岩・礫岩

○五條市大澤寺(礫岩)
○加太海岸(泥岩・砂岩)

 

○変成岩(片麻岩)
○花崗岩

○信貴山門(領家花崗岩)
○金剛山(領家花崗岩)

中央構造線

領家帯の南縁を画す大断層。三波川変成岩類を覆う新期の地層と領家帯を覆う新期の地層の間の断層とも言える。

○月出露頭・国天然記念物
(三重県松阪市飯高町月出)

(外帯) 三波川変成帯  

結晶片岩
(黒色片岩・緑色片岩・砂質片岩・泥質片岩・珪質片岩)

○二見浦の夫婦岩(緑色片岩)
○新和歌浦の蓬莱岩
(砂質片岩と黒色片岩の互層)

○和歌山城石垣(緑色片岩)

秩父帯   砂岩・粘板岩・緑色岩・チャート

○山上ヶ岳

四万十帯 日高川層群 砂岩・泥岩

○八剣山、玉置山、笠捨山
○伯母子岳、護摩壇山

○宮滝(砂岩泥岩互層)

中新世火成岩類

大峯山酸性岩類
(花崗岩・花崗斑岩・石英斑岩)
熊野酸性岩類

(流紋岩・石英斑岩・溶結凝灰岩)

○釈迦ヶ岳、川迫川、洞川
○熊野川下流域(新宮)

 
 
   

 
   

Copyright (C) Yoshino-Oomine Field Note