Mountain Guide
                         くりんとの登山ガイド

           
   
 ナンバー1の釈迦ヶ岳


古田ノ森より釈迦ヶ岳山頂(右手)を望む

   釈迦ヶ岳登山といえば、かつては前鬼がその登山口として賑わった。ところが、十津川村旭からの登山ルートが整備されるようになると、このコースが釈迦ヶ岳の表玄関的な利用客の増加を得、女性客も非常に多い。標高1300m付近に整地された旭登山口は、この日、午前9時過ぎですでに30台ほど駐車している。マイカーの置き場に思案していると、午前4時過ぎから登ったという方がすでに下山され、駐車スペースを譲っていただいた。このコースの人気ぶりは、私自身の下山後に「なるほど」と納得する。また、トイレの清潔なことも、是非触れておきたい。
 一方、旭川沿いに走る村道は、国道168号線旭口から登山口まで約45分。まだかまだかと、くねくね道が続く。アメノウオ釣りに興じていたときは、この道にわくわくしたのだが。

  標高 植生 純林
旭登山口 1300m ツクシシャクナゲ、シロヤシオ、ブナ、ヒメシャラ、ツガ、ウラジロモミ
  1434m

バイケイソウ−ミヤコザサブナ
シナノキ、ミズナラ
タンナサワフタギ

オオイタヤメイゲツ林
旧登山道との分岐 1465m
古田の森 1618m
千丈平 1660m トウヒ林
釈迦ヶ岳山頂 1799.9m  コメツガ、シロヤシオ ダケカンバ林
 

 釈迦ヶ岳は、深田久弥の日本百名山に漏れているが、選ばれた大台ヶ原山や大峰山に何ら勝るとも劣らない名峰である。
近畿の屋根といえども、最高峰の大峰山(八経ヶ岳)1915mでさえ、森林限界を越えておらず、そこにとりつく尾根や山頂からの見晴らしはさほど開けていない。ここが3000m級の山々が連なる日本アルプスなどと決定的に異なるところである。森林限界の越えた稜線に沿う登山道を歩くのは、とても気持ちがいいものである。ところが、旭登山口から釈迦ヶ岳に至るルートには、森林限界内の標高にもかかわらず、尾根筋を走る登山道の視界は開け、山頂からは360度のパノラマを望むことができる。大峰山脈は南北に伸びているが、旭登山口からの登山道は東西に走り大峰山脈に垂直にぶつかるイメージ。(厳密には北東に延びている。)したがって、南斜面は風衝地となり、尾根付近の森林が衰退している。一方、北斜面は風背地となってオオイタヤメイゲツ林が広がる。とりわけ、標高1500m付近から古田の森、千丈平にかけて尾根筋を這う登山道は、前方に開けたルートを見通せ、釈迦ヶ岳山頂も常時視界に入っている。

 植生を見てみると、登山口からしばらくは、ブナ、ヒメシャラ林に混じってツクシシャクナゲやシロヤシオが顔を見せる。標高1400mを越えなだらか尾根に出ると、見事なバイケイソウ畑が広がる。これ以降、林床はバイケソウとミヤコザサがせめぎ合いが続く。一方、樹木としてはオオイタヤメイゲツが優勢種としてしばしば純林がみられる。
千丈平(1660m)までは、快適な登山だが、ここから心臓破りの急坂が始まる。そして、このあたりから、優勢種はトウヒ林にうって代わる。トウヒは、紀伊山地では標高1600m付近からみられる亜高山帯の植物だが、大台ケ原(日出ヶ岳1695m)などでは地球温暖化の影響か世代交代が進んでいない。こちらのトウヒ林も稚樹が育っているかどうか気になるが、刈り込まれたようなミヤコザサ原を見る限り、シカの食害も含めて気がかりになる。
 大峰奥駈道に合流し、山頂間近の気配を感じる頃になると、今回のお目当てダケカンバ林が視界に入ってくる。ダケカンバは、シラカバやハンノキなどと同様のカバノキ科の植物で、森林が何らかの理由で破壊されたギャップに真っ先に生える木で成長も早い。ただ、カバノキ科の中でも亜高山帯の上部、森林限界付近に自生するのがダケカンバで、近畿及び紀伊山地でも、ここがほぼ唯一の自生地である。若木では赤褐色から灰褐色でサクラのような光沢があって美しく、シラカバのように薄い樹皮が横にはがれ、識別しやすい。トウヒ林もそうだが、より標高の高いところを好むダケカンバこそ、地球温暖化の影響を受けやすく、絶滅が危惧される。ただ、私の予想を裏切って、ここには結構な数の純林に近いものがわずかな面積に広がっている。

 山頂には、 釈迦ヶ岳のシンボル「釈迦如来」が鎮座する。この釈迦如来像は大正13年、大峯の強力岡田雅行氏(オニ雅)が一人で担ぎあげたといわれている。何の障害物もない山頂に年中さらされているこの仏像の倒壊を防ぐため、平成19年に再び修復工事を終え現在に至っているそうだ。Wikipedia情報によると、全国に7峰の釈迦ヶ岳を数えることができるが、7峰中標高第2位の栃木県釈迦ヶ岳をおさえて、大峰の釈迦ヶ岳は堂々第1位(1799.9m)。そして、このような立派な仏像が山頂に鎮座しているのも、この山が唯一であろう。ふるさとの誇らしい名峰をもっとアピールしたい。 

 
  オオイタヤメイゲツ林
 
山頂に鎮座釈迦如来立像   トウヒ林
 
ブナ林   ダケカンバ林
山頂より北を望む
 
 
 
   

 
   

Copyright (C) Yoshino-Oomine Field Note