Mountain Guide
                         くりんとの登山ガイド

           
   
 女人大峯の大日山・稲村ヶ岳

大日山

 母公堂(ははこうどう889m)の前に有料駐車場(5〜6台)があり、ここから登るのが便利である。母公堂は、役の行者が大峯山で修行をしていた時、母がこの地まで訪ねて来て、下山してきた息子と会ったとされている場所で、現在は立派なお堂が建っている。
 洞川の赤井五大松がノミとツルハシをもって一人で切り拓いたという五大松新道をとる。距離は長いが、比較的傾斜の緩やかな登山道が続き、法力峠(1217m)で一息つく。この峠を西に折れると観音峯山(1347m)に向かうことができる。観音峯を越えた観音平というところには、吉野山での挙兵に失敗して落ち延びてきた大塔宮護良親王(後醍醐天皇の皇子)の隠れたという窟がある。吉野山から大峰山系を尾根伝いに歩けば、ここ法力峠に至ることができ、そうした歴史秘話を知っていると山登りも楽しくなる。
 法力峠から山上辻の稲村ヶ岳山荘(1550m)までは、ミズナラやブナ、カエデ類などの落葉広葉樹林が増え、10月中旬には紅葉を楽しむことができる。母公堂から約2時間。小屋のある鞍部は風が吹き抜ける通り道となっており、西風が強いのか小屋は東斜面に埋もれている。この小屋から山頂へ延びる登山道沿いには、見事なシャクナゲの群生地が見られる。

【大日山・稲村ヶ岳】
 国土地理院発行の地形図によると、標高1726.1mの三角点がある峰を稲村ヶ岳と呼び、標高1689mのピークは大日山(大日岳)としている。しかし、かつては大日如来の祀られた現大日山の方が、雨乞いを祈願する山として信仰を集め、こちらを稲村ヶ岳として重んじてきた経緯があるようだ。少し前向きに烏帽子を垂れたような大日山の容姿は特徴的で、しかも奈良盆地や金剛山麓からも見つけることができる。ガイドブックによっては、これら2つの峰を併せて稲村ヶ岳と呼称しているものもあり、それがいいのかもしれない。
 狭義の稲村ヶ岳の方は、三角点もそっちのけで、山頂に大きな展望台が設置され興ざめしてしまう。それに対し大日山の方は、鉄梯子などを利用して岩場をよじ登っていく行としてスリルもあり、山頂で大日如来がお迎えしてくれるとあれば、おのずと有難みもちがう。 この山は女人禁制ではなかったが、山上ヶ岳に近いこともあり女人の登山ははばかられていたようである。1960(昭和35)年、龍泉寺が女人禁制を解いたのを機に、正式に女性に開放された。龍泉寺はここを女人修行の行場とし、行者講などを通じてこの山で修行した女性に対し先達などに補している。未だ女人禁制の山上ヶ岳に対し、「女人大峯」と呼ばれているのはこうした所以だ。

【レンゲ辻】
 山小屋のある山上辻を法力峠の方へ下らず、東へ進んでいくとレンゲ峠にさしかかる。この峠には女人結界門があり、この先は山上ヶ岳(1719m)である。山上ヶ岳といえば「西の覗」辺りの岩場が代表的な景勝地だが、この山に露出している岩頭は、秩父帯の付加帯で放散虫が堆積したチャートである。レンゲ辻と山上ヶ岳山頂の湧出岳を結ぶ登山道も、所々に露出したチャートの岩頭を縫うようにして上り下りする。傾斜もきつく行場の雰囲気満点だが、6月頃、こうした岩場にはうすピンク色したイワカガミの花が見られる。
なお、レンゲ辻からは川瀬谷沿いに清浄大橋へ下りることもできる。

 
  山上ヶ岳より稲村ヶ岳・大日山
 
キレット  

稲村ヶ岳三角点

 

大日山山頂

 

イワカガミ

【稲村礫岩層】
 紀伊山地は、フィリピン海プレートが沈み込んでいく際に堆積物が剥ぎ取られていった幾重もの「付加体」によって形成されている。大きく分けると、古い方から「秩父帯」そして「四万十帯」と続く。稲村ヶ岳周辺は、ジュラ紀にできた秩父帯の泥岩層である。ところが、大日山を見上げながらその基部から稲村ヶ岳へ延びる登山道沿いの岩壁には、握りこぶしより大きな丸い礫がぎっしりつまった礫岩層が見てとれる。先の泥岩層は海の底深くに堆積したものだが、後者の礫岩層は、陸上から土石流がどんどん流れ込むような陸地の川に近い海底でしか作られない。
 つまり、ジュラ紀にできた泥岩層が剥ぎ取られて付加体となり、やがて隆起して陸地となる。さらに浸食を受けながら平坦な陸地となるが、再び沈降して海底となり、そこへ土石流が流れ込んで礫岩層が堆積した。そして、もう一度隆起して稲村ヶ岳の原形ができあがったというわけである。大日山及び稲村ヶ岳に山頂付近にみられる礫岩層は「稲村ヶ岳礫岩層」と命名されており、標高1700m付近に見られる礫岩を是非確認されたい。

稲村礫岩層

 
 
 
   

 
   

Copyright (C) Yoshino-Oomine Field Note