Mountain Guide
                         くりんとの登山ガイド

           
   
 大峰修験の行場・大普賢岳
笙ノ窟で、行者たちの読経が響く
   
@指弾ノ窟(したんのいわや)   A朝日ノ窟(あさひのいわや)   B笙ノ窟(しょうのいわや)

鎖場と鉄ばしごが続く
   
  C鷲ノ窟(わしのいわや)   C鷲ノ窟の役行者
   
  大普賢岳(だいふげんだけ) 1779.9m   和佐又ヒュッテからのぞむ大普賢岳

 川上村と上北山村の村境をなす新伯母峯トンネルを南へ抜けるとすぐ右折。あとは道なりにヘアピン林道を上っていくと、和佐又ヒュッテ及び和佐又スキー場に到着する。10月下旬ともなれば、周辺は紅葉の美しいところで、とりわけカエデ科の種類が多い。ウリハダカエデ、コミネカエデ、アサノハカエデ、コハウチワカエデ、ヒナウチワカエデ、オオモミジ、エンコウカエデ、オオイタヤメイゲツ、イタヤカエデと紀伊山地のカエデ科はたいがい見つけることができる。

【和佐又山1344m】
 大台ヶ原ドライブウェイから見ると、美しい円錐形をしている。和佐又ヒュッテから30分程度で山頂に立つことができるので、小さい子ども連れた紅葉狩りにはちょうどよい。また、積雪期はスキーやソリ遊びを楽しめるゲレンデと化すが、私はスノーシュー・トレッキングがお薦めである。周辺はノウサギやニホンジカが多く、積雪に残った足跡を追いかけていくアニマル・トラッキングという趣向はどうだろう。

【大普賢岳1780m】
 さて、この和佐又ヒュッテから大普賢岳までの日帰り登山が人気である。大峰山脈の尾根上にある大普賢岳だが、奥駈道沿いに攻めるとなるとなかなかの難所で日帰りも難しい。
 標高1150mのヒュッテからスキー場の一番てっぺんを目指して歩くと登山道の入口がある。尾根に出る辺りからブナが優勢種となり、三叉路で左をとれば和佐又山、右の尾根に沿った道をとれば大普賢岳方面となる。このルート上は、ところどころに秩父帯のチャート層が露出しており、鉄梯子や鎖を使ってよじ登る岩礁がいくつもある。また、指弾ノ窟(したんのいわや)・朝日ノ窟(あさひのいわや)・笙ノ窟(しょうのいわや)・鷲ノ窟(わしのいわや)と、修験道に関係する行場が登山道脇に多い。こうした窟も、チャート層を人為的に開削したと思われ、板状層理を利用してくさびを入れれば容易に窟ができる。宗教的な祠として利用以外に、夜露をしのぐ宿泊地としても重宝されたに違いない。
 その後、小普賢岳の肩を経て、笹深い大峰奥駈道に出るころには、出発から約2時間を経ていた。ここから頂上はすぐである。

【笙の窟】
 日本岳の絶壁に開いた洞窟で、窟の上の岸壁を遠くから見ると雅楽の楽器の笙に似ているところからこの名が付いたと言う。今でも40畳ほどの広さが見てとれるが、かつてはもっと広く、多数の鉄釘の出土が見られることから、木材を使った籠堂あるいは風雪よけの壁があったのではないかと考えられる。
 中世には、9月9日から正月3日までの100日間に渡って冬籠もりが行われ、五穀が断たれた。平等院僧正行尊、僧正行慶、日蔵上人、静仁法親王、円空などの名前が記録に残っている。平成5年の発掘調査では、9〜10世紀と推定される陶器片、古銭等をはじめ、不動明王の仏像片も出土している。

 
 
 
   

 
   

Copyright (C) Yoshino-Oomine Field Note