Mountain Guide
                         くりんとの登山ガイド

           
   
 熊野古道小辺路・八木尾より熊野本宮大社へ
大斎原(おおゆのはら)の大鳥居


いよいよ熊野本宮大社へ

熊野古道小辺路、今回はゴール熊野本宮大社までの最終ルートを歩いた。
果無峠越えのルートは「八木尾」バス停付近で国道168号線に合流し、しばらく舗装道路を歩くことになる。
そして、「平岩口」バス停付近から国道をそれ「三軒茶屋跡」から再び“古道”へ。
三軒茶屋跡には休憩小屋が設置され、すぐ近くには「九鬼ヶ口関所跡」が施されている。
実はここから「中辺路(なかへち)」と合流しており、熊野大社はもう一息。

途上、展望台の分岐があるが、ここからの眺めはお薦めである。
上の写真のように「大斎原の大鳥居」が遠くに見え、稜線が織り成す風景は力を癒してくれる。
明治22年の大洪水で流失され現在の地に社殿が移されるまでは、
熊野川と音無川に挟まれた三角州に社殿が立ち並んでいたという。
その旧社地
大斎原に、平成12年、高さ33.9mを誇る大鳥居が建立された。

この日は、1時間余りの行程ゆえ熊野本宮の社殿を拝した“感動”を伴うことはできなかったが、せめて十津川温泉から果無峠越えのルートとあわせて完歩すれば、心地よい披露と共にクライマックスのドラマがまっていたのかもしれない。

<熊野古道・小辺路>

起点 峠(標高) 距離(所要時間)
高野山    
水ヶ峰 19.3km(9時間)
大股    
伯母子峠 (1080m) 16.0km(7時間)
三浦口    
三浦峠 (1246m) 21.7km(10時間)
十津川温泉    
果無峠 (1114m) 11.3km(5.5時間)
八木尾    
三軒茶屋跡 5.6km(1.5時間)
熊野本宮    

八木尾バス停より国道を歩く    祓戸王子、もう目と鼻の先

九鬼ヶ口関所跡より古道に入る   熊野古道といえばこの石畳    ゴール!熊野本宮大社


NHK連ドラ「ほんまもん」ロケ地

今回のルート途上の「三軒茶屋跡」から合流している中辺路を、北西へ戻れば十数分で「伏拝王子」という王子社(神を祀っている所)にたどり着く。
ここにはトイレが設置され休憩所を兼ねた売店もあるが、なんといってもNHK朝の連続テレビ小説「ほんまもん」(2001年10月〜2003年3月)のロケ地としてもその名残りをいくつかとどめている。
このドラマは、「和歌山県熊野に生まれた山中木葉(女優・池脇千鶴)が食いだおれの街・大阪を舞台にほんまもん(本物)の精進料理の料理人をめざしパワフルに生きていく」物語で、他に風吹ジュンや根津甚八も出演していた。
その山中家の家屋として撮影に使われた家が伏拝王子に隣接してあり、ドラマで使われた山中一路・ふじのお墓も茶畑の中に残されている。
このドラマはたまたま見ていたのでいくつか記憶に残っているシーンもあり、私には興味深いロケ地跡であった。
ここへは車でも行くことができるが、迷わずたどり着くことができれば拍手をお送りします!

バスが来ているらしい?   伏拝王子全景   ここから熊野大社まであと1時間

“山中家”として使われた家屋   この茶畑から“風吹ジュン”が…   “山中一路・ふじ”のお墓(セット)
 
 
   

 
   

Copyright (C) Yoshino-Oomine Field Note