Mountain Guide
                         くりんとの登山ガイド

           
   
 巡礼の町石道 (小和道)
 
石寺跡   高宮廃寺跡

 7世紀頃、役小角は葛木山や大峰山系で修行を行い呪術を取得したという。ここでいう「葛木山」とは、現在の葛城山にくわえ金剛山をもさす。こうした歴史から、金剛山は山岳宗教の聖地として長く信仰の対象とされてきた。
 山頂にある転法輪寺(てんぽうりんじ)は葛城修験道の根本道場で、真言宗醍醐派に属する葛城修験道大本山である。明治期の廃仏毀釈によって一度廃寺となっているが、戦後、再興された。本堂は昭和36年(1961年)の落慶である。鎌倉時代の初めに成立した『諸山縁起』では、中世に隆盛期を迎える葛城修験の霊場に、大澤寺・草谷寺・鳳凰寺(五條市)、石寺跡(御所市)などが紹介されている。また、役行者が法華経八巻二十八品を埋納したとされる経塚が、紀淡海峡・友ヶ島から大和川・亀ヶ瀬に至る金剛紀泉山脈の各所に在り、「葛城二十八宿経塚」と呼ばれ今日でも修験者が訪れるそうだ。

   
御霊神社前(近内町)   二町石(小和町)   「是より四十八町」(寛政八年銘)
   
四町石(小和町)   山の神(小和町)   六町石(小和町)
   
八町石(小和町)   下の茶屋(西佐味)   上の茶屋(西佐味)
   
高宮廃寺三叉路付近   二十六町石   欽明水
   
三十五町石   四十六町石(湧出岳分岐)   四十七町石(一の鳥居付近)
       
四十九町石(一の鳥居付近)        

 五條市小和から延びる小和道沿いには、先の鳳凰寺や石寺跡がある。石寺跡には、現在、高さ2m余りの巨石が残っているのみであるが、天羽雷命(織物の神様)が猪石岡に降臨したという伝承をこの巨石が引き受けているらしく、以前は注連縄が飾られていたそうだ。ちなみに、本尊の薬師如来が石像だったことから石寺と呼んだらしいが、明治初めの廃仏毀釈により堂塔伽藍は失われている。この石寺跡は「葛城二十八宿経塚」のうち第二十番経塚となっている。
 紹介の順が逆になってしまったが、この石寺跡に至る手前の人工林の中には、「高宮廃寺跡」へ向かう分岐路がある。この寺院跡は国の史跡にも指定されており、奈良時代中期の瓦が出土し、金堂や塔の礎石も残っている。出土遺構と同規模として、当麻寺金堂や百済寺三重塔をイメージするとよいが、こんな山中に驚くばかりの伽藍である。ただ、渡来系小豪族高宮氏の氏寺跡とする確かな根拠はなく、南葛城郡誌においては「水野寺」と記されている。
 小和道は、最近では利用する人も少なく、あいさつを交わす登山客も稀である。ところどころブッシュをかき分けなければならい。尾根筋(ダイヤモンドトレイル)との合流が近くなった頃に「欽明水」があり、喉を潤すことができる。花崗岩から成り立っている金剛山の場合、浸食受けた沢の川底では雲母がきらきらと金色に輝いていることがあり、これが「欽明水」の名の由来だろう。天ヶ滝新道にも同じ名前の湧水スポットが作られてある。

 JR北宇智駅より1.3km北に登録有形文化財の「藤岡家住宅」がある。江戸時代には庄屋であった藤岡家だが、両替商、質商、薬種商、紺屋など商家としての顔も持ち、大阪と吉野・十津川の流通中継拠点でもあった。そこで藤岡家のある北宇智と大阪をつなぐ街道として、金剛山系の尾根にある伏見峠や久留野峠を利用していたと考えられる。したがって、伏見峠に通じる小和道は、巡礼道でもあり生活道路でもあった。今やその面影もないが、西佐味にはかつて「下の茶屋」「上の茶屋」とよばれた茶屋や旅籠もあったようだ。
こうした小和道ゆえ、金剛山までの距離を示す町石が置かれた。今なお登山道沿いに残っているものは、江戸時代1684年(天和4年)の建立説がある。ちなみに、1町=60間=109.09m。こちらの町石は小和の鳳凰寺を起点にしたものと考えられ、金剛山頂一の鳥居付近には四十九町目の町石が残っている。したがって、約5.5kmという計算だろうか。このように町石を探しながら歩くと、オリエンテーリングのような楽しさが加わり、古道ならではの趣向となる。
 小和道へは、県道261号線(山麓線)の大川杉あたりからもアプローチできる。小和道に至る民家の石垣は、金剛山麓産のものであろうか、大きな花崗岩で丁寧に積まれている。アングルのよいワンカットを切り取れば首里金城町石畳道を彷彿とさせる坂道が現れる。

 
藤岡家住宅   西佐味
 
 
 
   

 
   

Copyright (C) Yoshino-Oomine Field Note