Mountain Guide
                         くりんとの登山ガイド

           
   
  二上万葉の森(大阪府)と祐泉寺(奈良県)、2つの二上登山拠点

【ダイヤモンドトレイル】
 南は和泉市の槇尾山から始まったダイヤモンドトレイル(以下、ダイトレ)も、ここ二上山を経て香芝市の屯鶴峯で終点となる。槙尾山から始まってと書いたが、正式には屯鶴峯に起点碑がある。ただし、葛城修験の二十八宿経塚巡礼は、第一経塚の友ヶ島(和歌山市)から始まって第二十八経塚の亀ノ瀬(奈良県三郷町)が成満となることから、私の場合、ダイトレも北上が自然なのである。
 竹ノ内峠まで北上してくると、そのまま岩屋峠まで直登できるが、大阪府南河内農と緑の総合事務所発行の「ダイトレマップ」では、二上山万葉の森(太子町)まで国道166号線を使って西進し、そこから岩屋峠に導いている。万葉の森にはトイレや自販機もあって、休息にはちょうどいい。二上山に登山ルートは数多くあれど、雌岳への最短ルートはコンクリート舗装のこのコースで、岩屋峠からはダイトレを離れてジグザグ道の急坂を登れば計40分ほどだろうか。 万葉の森は、大阪側の二上登山拠点である。
 岩屋峠の南に「岩屋」と呼ばれる凝灰岩の石窟があり国の史跡である。古代の石切場跡を寺院に転用したと考えられ、窟内北壁には三尊仏が彫られている。岩屋の鉄柵内は、ハンゲショウ(ドクダミ科)が群生しており、7月中旬頃に白い花を咲かせている。
 万葉の森からダイトレをとらず、国の史跡鹿谷寺跡をめざすルートもある。浸食によって露わになった凝灰岩の路頭をよじ登っていくのは変化があっておもしろい。鹿谷寺跡も古代石切場を転用したと考えられており、それを象徴するかのように凝灰岩の山から掘り出した地続きの十三重塔が残っている。さらに周辺の石窟には三体の如来坐像が線刻されており、寺院の創建は8世紀中頃から後半にかけてと推察されている。
 二上山の三角点は、雄岳(517m)ではなく雌岳(474m)にある。雌岳西斜面の笹原には、ササユリがよく保護されており、6月中旬から下旬にかけて開花が見られる。また、初秋には、二上山のヒヨドリバナを求めてアサギマダラが飛来してくる。現在のダイトレコースは、雌岳山頂も雄岳山頂も経由せず、穴虫峠をめざして下っていくが、あとは下りと思いきや、アップダウンの多さに辟易する。穴虫峠の大阪側(太子町)の自動車道に出るが、ここから屯鶴峯まで交通量の多い自動車道を歩くことになる。ダイトレ起点の石碑(プレート)は、屯鶴峯入口の右脇にある。
 ダイトレは屯鶴峯入口で終わっているが、葛城二十八宿の山林抖擻(とそう)は、関屋を経て明神山、そして亀ノ瀬へと続く。国土地理院の地形図には、屯鶴峯の中を北進して国道165号線に突き出るルートが描かれている。意を決して屯鶴峯の尾根の1つを選び突き進んでいった。しかし、最後は藪漕ぎをしながらなんとか智辯カレッジ付近に這い出るものの、明確なルートはもう少し調査が必要である。

 
万葉の森にある石地蔵   竹内峠から岩屋峠に至る登山口
 
鹿谷寺跡   岩屋
 
ダイトレの起点プレート   ササユリ(雌岳・6月)
 
祐泉寺付近で出会ったキヌガサタケ(7月)   ヒヨドリバナとアサギマダラ(雄岳・9月))

【祐泉寺〜馬の背〜雌岳〜岩屋峠〜祐泉寺】
 奈良県有形民俗文化財の傘堂や當麻山口神社を経て、二上山雌岳山腹の祐泉寺(香芝市染野)に至るが、 当麻寺や道の駅ふたかみにも近く、奈良県側では、人気のある二上山登山口である。祐泉寺は988年(永延2)の開創とされ、現在は天台宗四天王寺末、本尊は室町期の釈迦如来である。本堂などの建築物は比較的新しいが、山中の古刹といった趣があり、山門の屋根に積もった落ち葉にも風情がある。この寺院から山道はYの字に分かれていくが、左は岩屋峠、右は雄岳と雌岳の鞍部である馬の背に至る。雌岳登頂を目指して周回するなら、傘堂を起点に往復2時間といったところだろうか。
 私の好きなコースは、Yの字の右を選び、祐泉寺の山門を通り抜けていく山道である。くぐってすぐ左手に「二上嶽南叡山□修学院□祐泉寺」「南無阿弥陀佛の御名をよぶ小鳥あやしや□たれか□ふたかみの山」と銘のある石柱(1922年)が建つ。五木寛之の小説『風の王国』にも、キーワードの1つとして登場する石柱である。ここからすでに、行場の雰囲気。さらに進むと、凝灰岩をナメ床のように浸食して流れる沢と、その同じ岩盤を手掘りして造ったような歩道とが一体となって出迎えてくれる。途中、イチョウの大木が銀杏を落としているが、かつて寺院の僧侶が植えたものだろうか。また、道を塞ぐかのような巨石にも伝説ありげなにおいがする。私のイメージの膨らませすぎかもしれないが、かつての祐泉寺の僧侶たちの足跡が感じられるルートである。
 馬の背にはトイレがあり、ここから雌岳山頂も標高差約40mで一息に登れる。一方、岩屋峠からは標高差120mで、直登の登りは何度も息が切れる。そういうこともあって、この周回ルートは馬の背を経て雌岳山頂、そして岩屋峠へ下る道順がお薦めである。岩屋峠から祐泉寺までの下山ルートは沢に沿うが、ここでは真っ黒な溶結凝灰岩の河床が見られる。
 祐泉寺を過ぎて、すぐ左手に登山道が口を開けている。ここから登ると、二上山ふるさと公園からの登山道と合流し、雄岳に至る。このルート上に「二上山の覗き」と呼ばれる断崖絶壁があり、取り付きは黒い龍の背中のようである。山上ヶ岳の西の覗きを思わせる絶景であり、大和盆地にむけて展望が開けている。祐泉寺から15分ほどなので、体力に余裕があれば立ち寄りたい。

 
 
傘堂  
 
祐泉寺山門  
 
岩屋峠   二上山の覗き
 
 
 
   

 
   

Copyright (C) Yoshino-Oomine Field Note