Mountain Guide
                         くりんとの登山ガイド

           
   
● 中央構造線と金剛山地 (久留野峠・千早峠・行者杉峠)

大谷池(五條市)より望む

 

 五條市街地から仰ぎ見る金剛山(上画像)。しかし、金剛山地の最高峰である葛木岳(1125m)も湧出岳(112m)も、ここからは見えていない。金剛山地の尾根は、真上から見ると逆“く”の字型をしていて、最高峰は北端に位置しているからだ。したがって、多くの五條市民が仰いでいる金剛山と言えば、標高937mの「中葛城山」、938mの「高谷山」、792mの「神福山」ということになる。これらの尾根には立派な登山道が通っており、二上山や葛城山から続く「ダイヤモンド・トレイル」という名がついている。その走破はともかく、いつも仰いでいる金剛山を歩いてみませんか。

【久留野峠→中葛城山→千早峠】
 車の場合、“5万人の森”か“岡八幡神社”(いずれも五條市北山町)を起着点とするとよい。久留野峠へはカラソ登山口から。人工林を数百メートル進んだところに分岐路があるので、よく注意をして左をとる。とりわけ危険な箇所もなく、スギの人工林をひたすら歩く。正直言って、植生にはほとんど面白みはないが、針葉樹林の好きな野鳥がお出迎えしてくれる。早ければ1時間ほどで、久留野峠に到着する。
五條市近内町には、「藤岡家住宅」という登録有形文化財がある。藤岡家は、庄屋以外にも両替商、質商、薬種商、紺屋など商家としての顔を持ち、大阪と五條・吉野地域との物流の拠点として商いを行っていた。小和道から伏見峠に至るルートと、この久留野峠を使うどちらかのルートを利用していたと考えられる。
久留野峠は標高889mだから、937mの中葛城山ではもう一息だ。なんといってもこのルートのハイライトは、久留野峠から千早峠まで、中葛城山を経て稜線を歩くこと。うまい具合に人工林も伐採されていて、五條市側には見事な視界が開ける。眼下を見れば、Google Earthを見ているかのような田園住宅地のパノラマ。お互い手旗でも振れば確認できそうだ。また、遠くには山上ヶ岳や弥山、荒神岳が望める。
 千早峠も、河内長野と五條を結ぶ旧街道の1つ。なかでもこの峠は、幕末に天誅組が五條代官所を襲撃した際に使ったとされている。その天誅組一行は、一尾背神社を経て岡八幡神社に赴いた。志士たちはここで戦いの成就を祈願したと伝わる。

中葛城山  山頂より   千早峠

大澤寺  行者杉峠   福神山山頂

【大澤寺→行者杉峠→福神山→千早峠】
 大澤寺(だいたくじ)は、『瀬の堂の薬師さん』と土地の人々から親しみを込めてそう呼ばれている。約1300年前、修験道の開祖役小角(えんのおずぬ)を開基とする密教霊場で、本尊は薬師如来。また、弘法大師のお手植えとされる神樹(智恵の柳)や目を洗うと眼病が治るという通称眼洗い池などがある。このお寺の西端にトイレがあり、その脇から登山道が通ずる。
 この大澤寺付近には「中央構造線」が通っている。この活断層の北縁に位置する金剛山は、領家変成帯上にあって主に変成岩の“花崗岩”から成る。一方、加太海岸から大澤寺付近までは、中央構造線の北側に白亜紀末(約7000万年前)の和泉層群が領家変成帯を覆っており、堆積岩が多く見られる。大澤寺から行者杉峠までの登山道には、堆積岩の“礫岩”がゴロゴロと転がっており、大澤寺の石垣もこの礫岩が用いられている。同じ和泉層群である淡路島では、恐竜の骨が発見されているらしいから、ここでも可能性が無きにしも非ずである。
 行者杉峠は、大阪府(河内長野市)、和歌山県(橋本市)、奈良県(五條市)の3県境界地に位置する。 ここには、この峠の名にもなっている役行者を祀る祠があり、その周辺に所在する一群の老齢樹が「行者杉」と呼ばれているらしい。 でも、私の目からは「行者杉」と呼ぶにふさわしい杉は見当たらないのだが、かつてそのようなスギがきっと自生していたのだろう。
 行者杉峠から尾根伝いに歩き、国道310号線の金剛トンネルの上にさしかかるころ、足下に転がる礫岩は花崗岩にとって代わる。この辺りが和泉層群の東端で、地層の境界があるのだろう。ここ先はずっと花崗岩、奈良県民が目にする金剛山は、花崗岩の塊と考えていいだろう。神福山手前で分岐路があり、左をとれば山頂の上りを避けて迂回できる。神福山山頂は植林に遮られて展望はきかない。山頂には小さな祠が2つ安置されており、1つは高天神社、もう1つは佐太雄神社と案内板に紹介されているが、「葛城二十八宿経塚」のうち第十九番経塚となっている。また、この山頂一帯は、南北朝時代に楠正成によって築かれた笹尾塞の跡とも伝わる。やがて、千早峠が見えてくる。


紀の川流域の地質 <参照:紀の川(吉野川)水系河川整備計画(案)平成21年3月・奈良県>

 
 
 
   

 
   

Copyright (C) Yoshino-Oomine Field Note