Mountain Guide
                         くりんとの登山ガイド

           
   
 葛木岳のブナ林 (千早本道)
ブナ(千早本道)
 
ブナ(葛木岳周辺)  
 
カタクリ(葛木岳周辺)   ブナ(千早本道)

 大阪府側からの金剛登山には、いくつものルートがあるが、千早の金剛山登山口バス停から伸びる「千早本道」こそその代表であろう。登山口には駐車場やトイレが完備され、登山道そのものも整備が行き届いていて、積雪期でも迷うことはない。途中5合目にもトイレがある。おそらく、車を置いてから葛木岳山頂まで最短時間で登ることのできるルートであろう。
 山頂付近に、登山回数と名前をのせた掲示板があるが、50回で金剛錬成会に入会すると名札が掲げられるそうだ。10000回以上という仙人クラスの方は別格として、500回・1000回とそうした回数を励みに精神と身体を鍛錬する登山客も多い。千早本道は、そうした方々の錬成コースでもあり、他のコースに比べて高齢の方が多く見うけられる。ちなみに、回数券は売店で400円で購入でき、最初の1枚で5回の赤バッチ、10回の銀バッチが無料でもらえる。その後は50回目のバッチとなるが、1枚400円の回数表(10回分のスタンプカード)を買い足していかなければならない。1日1回6:00〜19:00まで印を付いてくれるが、その人件費らしい。

 千早本道は、悪くいえばひたすら単調な上りだが、悪路は少なく道幅も広いため歩くリズムは作りやすい。登山マップでは1時間40分とあるが、足腰の鍛錬だけなら1時間少々だろう。私は、あっちの花こっちの花が気になってなかなか高度を稼げないが、それでも1時間30分ほどで登り着く。
このルートの一番の楽しみは、八合目からのブナ林。登山道沿いにも巨木が並ぶ。大阪府の金剛山に対する肝の入れようは、紀伊山地を擁する奈良県とずいぶんスタンスが異なるように感じる。大阪府最高地点を含む唯一の1000m級の山だからだろうか、府というより府民が愛着を持っているのかもしれない。そのせいかどうかわからないが、大阪府側にブナの原生林がよく残っている。奈良県側は人工林ばかり。

 帰路、一度は千早城址を迂回してみてはどうだろう。楠木正儀の墓を右手に見過ごした直後に、左に細い登山道が伸びている。ここをたどれば、やがて千早城の本丸跡に建つ千早神社に侵入する。広い境内なので、登山道を見失った不安に陥るが、下から息を凝らして上がってくる参拝客に出会うと一安心する。その息の上がった姿も、その後見下ろす五百数十段の石段で納得する。ここはやはり登らず、帰路にとっておいて下るのが賢明である。

【葛木岳周辺】
 葛木神社周辺にはブナ林がよく残っている。神域として伐採を免れてきたのかもしれない。葛木神社から“ちはや園地”に向かって続く登山道の右手にもブナ林。さらに神社の裏手には登山道が周回しており、そこにもブナ林がある。ブナは森林の多様性の象徴だから、おのずと周辺には動植物の種類も多い。ヤマガラ、シジュウカラ、キビタキが見え隠れし、遠くでツツドリの鳴き声が響く。カケスも道案内をかってでる。黄色く紅葉するブナは、秋の楽しみである。ブナの樹皮をよく見ると、一本一本文様が異なる。この文様は実は地衣類であり、樹皮を利用して生息しているのだ。寄生しているわけではないから、ブナ本体に悪影響はない。樹幹を流れる雨水をいただくのと、光合成を行う菌と共生しているため、日当たりの良さという恩恵を頂戴している。
 葛木神社裏手の林床はササに覆われているが、その林縁では4月下旬、カタクリがピンク色の顔を覗かせる。お隣の葛城山の大群生地に比べれば、本数は大したことないが、ここでもちゃんと自生しているのがうれしい。“ちはや園地”でもカタクリの群落が見られるが、私見だがあそこのはDNAがこの辺のものと異なると思う。開花時期がずいぶん異なるのだ。おそらく植栽されたものだろう。あと、金剛山遊歩道でも咲いている。

 
千早本道   千早神社
 
 
 
   

 
   

Copyright (C) Yoshino-Oomine Field Note