Mountain Guide
                         くりんとの登山ガイド

           
   
 関西のマッターホルン高見山
高見山トンネル付近から見た高見山は尾根が東西に伸びている

 ネット上で「霧氷・奈良」をキーワードに検索してみると、「三峰山」がダントツ1位、次に「高見山」を紹介する記事が多くヒットする。毎年1〜2月になると、奈良交通の「霧氷バス」が三峰山・高見山・観音峯・和佐又山方面に向けて運行されるが、なかでも御杖村観光協会主催の「三峰山霧氷まつり」が盛大に行われており、人気の一因になっているのかもしれない。
 霧氷なら、金剛山でいつでも見られると、三峰山や高見山の霧氷をあまり意に介してこなかったが、2019年、積雪期の高見山を登って驚いた。金剛山(標高1125m)と高見山(標高1248m)の標高差は123m、単純計算で気温は0.6℃しか変わらないことになる。なのに同時期の積雪量は、高見山の方が圧倒的に多く、4本爪のアイゼンで登ろうとした私は、随分なめてかかった態度であったと反省した。そして、奈良の山にもアイスモンスターが存在するのではと期待させる程に、「海老の尻尾」の発達した樹木が尾根筋の登山道に待ち構えていた。

 登山口の1つである「たかすみ温泉」は、駐車場の一角を登山者向けに開放しており、下山後の温泉という楽しみもある。高見山山頂には高角神社があり、かつて高角山とも呼ばれていたようで、温泉の命名もこうした古名に由来するのだろうか。ここからの平野ルートには、「高見杉」と名の付いたスギの巨木が出迎えてくれる。避難小屋が隣接しており、小休止にちょうどよい。杉谷コースからの合流地点を過ぎると尾根筋の上りで、「国見岩」「息子岩」「揺岩」などの巨岩が現れ、それぞれ看板に説明されている歴史がおもしろい。その日の気温によるのだろうが、いよいよ霧氷のお出ましである。
 樹氷も霧氷とほぼ同義語であると考えてよいが、空気中の水分が葉や枝に凍結付着したものである。気温-5℃以下で顕著に見られ、風下に発達した結晶の造形物を、その様から「海老の尻尾」と呼ばれている。とりわけ、蔵王の樹氷林が観光資源として有名だが、さらに樹木が樹氷で完全に覆われたものは「アイスモンスター」と呼ばれている。
 高見山山頂はあまりスペースがなく、樹氷シーズンはごったがえす。山頂の高角神社は八咫烏を祀っているが、神武天皇東征の際、道案内を勤めたとされる烏である。

 高見山の山容を地形図の等高線からイメージしてみると、南北方向から見た時はなだらかな稜線の山に見えるが、東西方向からは尖って見える。このことが「関西のマッターホルン」と言われるようになった理由である。五條市、大淀町、吉野町を地図上で直線で結ぶと、延長線上に高見山があり、その直線に沿って吉野川が流れているため、そうした町からもマッターホルンのシルエットがよく見える。紀州の文人祇園南海(ぎおんなんかい)は、自身の漢詩帖『五條十八景』(1704年)で高見山(第二景「高峰秋月」)を詠んでおり、その姿の尊さを「小富士」と例えている。
 このような高見山の山容は、季節風に対して山頂付近の尾根筋が風衝地となるため、とりわけ北斜面の樹木がまばらとなって山肌が露出している。したがって、霧氷による造形物1つ1つが彫刻作品のようで森の妖精のようにも見える。これらの造形物を被写体としてカメラを向ける時、青空という抜群の演出が望ましい。ただ、こればかりは時の運か、足繁く通い粘り強く待つという忍耐も必要となる。

 さて、最初に投げかけた「同じ奈良県内の金剛山と比べて、標高もあまり変わらない三峰山や高見山の峰々は、なぜ見事な霧氷が発達するのか」という疑問はまだ解けていない。
○ 金剛山地の場合、標高1000mを越えているのは葛木岳を主峰とする金剛山周辺だけで、しかも等高線が複雑に入り組んでたくさんの襞や尾根に守られている。この金剛山地は南北に広がっており、植林された針葉樹林も多く、冬の季節風に対して障害物となっている。
○ 一方、三峰山から高見山にかけての台高山脈の峰々は東西に延びており、山頂付近は冬の季節風をまともに受ける風衝地となっている。したがって、樹木もまばらで地肌が露出しているところも多く、強い冬の季節風はさらに気温を低下させるだろう。

 
たかすみ温泉駐車場   高見杉付近
 
山頂付近に発達した海老の尻尾   樹氷
 
八咫烏を祀る高角神社   五條から見える高見山はまさにマッターホルン
 
 
 
   

 
   

Copyright (C) Yoshino-Oomine Field Note