Mountain Guide
                         くりんとの登山ガイド

           
   
 初夏シロヤシの三峰山
不動滝

 標高1235mの三峰山は、奈良県と三重県の県境にあり、室生赤目青山国定公園に指定されている。日本三百名山の一つ。毎年、霧氷まつりが開催され冬の山として人気があるが、初夏にはシロヤシオなどツツジ科の花を咲かせる花の山でもある。
 シロヤシオ(ツツジ科)は、枝の先に葉が5枚輪生状につくことから「五葉躑躅」という名もあり、太平洋側の山地のブナ帯に生育する。紀伊半島では6月前半に真綿色のツツジの花を咲かせるが、中にはうっすらとピンク色を帯びたものもある。シロヤシオは、敬宮愛子内親王殿下の「お印」となったことで広く知られるようになったが、ブナが自生するような標高の高いところに育ち人里ではなじみの薄い植物が、よくぞ「お印」に選ばれたと驚いた。ところが、那須御用邸に近い中大倉山一帯には、国内最大のシロヤシオの群落があり(標高1400m付近)、約6haに3万株が自生しているそうだ。なるほど、ご縁のある植物の1つだったのかもしれない。
 奈良県では、大台ヶ原や大峰山系など標高1500m以上のところに年月をかけて成長したシロヤシオの群落が見られ、標高1125m以下の金剛山地には自生しない。したがって、標高1200m台の三峰山や高見山は、紀伊半島ではシロヤシオが育つぎりぎりの環境ということだろうか。地球温暖化が植生に及ぼす昨今の影響を考えた時、台高山脈北部のシロヤシオ存続は危惧される。

 御杖村側から3つのルートがあるが、不動滝ルートはお薦めである。不動川に沿った登山道は、やがて不動滝に導いてくれる。落差は21mとさほど高くはないが、朱色の欄干の橋からその遠景が垣間見えた時点で、美しい容姿だと思った。滝に近づくにつれそれは確信へと変わる。どういう滝が美しくて、どういう滝がそうでないのか。それは流れ落ちる水がどんな造形を作るかということだろう。落差がありそれに見合う豊かな水量があれば、誰もがその迫力に神々しさを感じるだろうが、こちらの滝は、その水量に見合った落差と滝幅でハーモニーを奏でている。ただ、このページの写真は5月下旬のものなので、大雨後の増水や冬の渇水期には、また異なった表情になることだろう。滝口の右脇には、石仏の不動明王が祀られているが、行場の名残だろうか。
 不動滝を過ぎると谷に別れを告げ、急坂をひたすら上ることになる。やがて、1102mの水準点がある尾根筋に出るが、そこには山小屋が建っている。ここまでくるとリョウブを中心とした落葉樹の明るい森となり、数は少ないがブナの大木も見られる。ただ、林床にはアセビやバイケイソウなどの有毒植物を除いて緑がなく、リョウブなどの樹木も目線より下に葉が全然付いていないので遠くまで見通せてしまう。いわゆる「ブラウジング・ライン」というもので、ここ三峰山もニホンジカの食害の影響が大きいようだ。ようやく開花しているシロヤシオを幾つか見つけたが、こんなものではないだろうと別の場所を期待する。
 この尾根の途中に「大日如来」「明治四十四年春」と刻まれた石碑が建っている。大日如来は真言密教の教主とされ、日本の山岳信仰とも結びついて、峰々でよく祀られている。また、不動滝にも祀られていた不動明王は、大日如来の化身とされていて、この山と修験道の関わりをにおわせる。

 山頂1235mは、河童の頭のお皿のようになっていて樹木がない。登頂の達成感から、そこでお弁当を広げたくなるが、山頂から南西方向200mのところに「八丁平」という草原がある。南の三重県側に向かって切り立っていて障害物がなく、眺望が開けていて見事である。部分的に草原化しているのは風衝地ゆえか、あるいはシカによる食害がさらに抑制しているのかもしれない。森になっているところも、ヤマツツジやシロヤシオ、アセビなどツツジ科の中低木が目立つ。ここでたわわに花の付けたシロヤシオを探してみるが、5月下旬という時期が早かったのか、八丁平付近には少ないのか、ヤマツツジの赤い花の方が目立っていた。
 帰路は、新道峠を経由してみつえ青少年旅行村をめざす。新道峠までは標高1100m前後の尾根筋で、このルート周辺の植生を楽しみにしていたが、やはり「ブラウジング・ライン」が見られ、山小屋から山頂までの尾根筋の植生とよく似ていた。

八丁平
 
「明治四十四年春」銘の大日如来碑   三峰山山頂
 
シロヤシオ   八丁平のヤマツツジ
 
八丁平   新道峠
 
 
 
   

 
   

Copyright (C) Yoshino-Oomine Field Note