Mountain Guide
                         くりんとの登山ガイド

           
   
 白蛇伝説の大鏡池から薊岳へ

大鏡池

 高見山(1248.9m)から大台ヶ原山(日出ヶ岳1695.0m)まで連なる山脈は、「台高山脈」と呼ばれている。 この台高山脈は奈良県と三重県の県境となっている。その西側には、紀伊半島の背骨のように走る大峰山脈があり、遙か昔、河川による浸食をうけて台高山脈と袂を分かったとされている。高見山の南側には、国道166号線に沿って中央構造線が通り、その北側は領家帯(花崗岩)、南側は三波川帯や秩父層群(砂岩・頁岩・チャート・石灰岩など)である。したがって、高見山は花崗岩からなり、それ以南は大台ヶ原山まで秩父層群の堆積岩である。

 今回、東吉野村大又から薊岳を登頂し、明神平、国見山、そして再び大又に下山するルートである。大又では、駐車場探しに苦慮するが、この 周回ルートなら、最初に明神平登山口付近の駐車場に停めておくのも一案である。薊岳までの途上に大鏡池(1182.9m)があり、白蛇伝説の伝わる雨乞いの霊地だという。この湿地の植生は興味深いが、5月初旬にはカエルの卵を見かけた。この付近にさしかかる登山道には風化した大小のチャートが見られ、秩父層群のコンプレックスの1つであることを実感する。
 薊岳の名の由来はわからないが、雄岳・雌岳からなるこの山の稜線は東西に延び、俗に馬の背と呼ばれるような急峻で鋸状の岩場である。こうしたやせた水分の乏しい場所での生存戦略を見いだしたのはツツジ科の仲間で、山頂より西側の尾根筋にはシャクナゲが群生する。一方、東側に下っていくと地中の水分が集まる傾斜地にはバイケイソウの大群落が見られる。山頂からの眺望は、遮る森林もなく、台高山脈が南北に延びている様は大パノラマを満喫できる。

 
薊岳(雌岳)   薊岳(雄岳山頂)
 
明神平(山頂は水無山)   国見山付近より薊岳眺望

 草原の広がる明神平は、昭和39年〜44年まで、大和観光開発株式会社によってスキー場が経営されていた。300人収容の国見荘まで建てられたようだが、里の車道から明神平までの輸送路計画が進まず、ひとときの賑わいはやがて過去のものとなった。今でも、リフトを動かしていたと思われる重機やリフトの支柱などがさび付き、用途のない鉄くずとなって放置されている。そして、何よりもスキー場開発のために皆伐された森林跡は、その後も遷移が進んでおらず広大な草原のままである。人為的なものなのか、それとも標高1400m近いところでは、一度失われた森林は乾燥化によって 容易に蘇らないものなのかわからない。本来の植生としては、ブナやミズナラ林が見られるはずである。

 明神平から国見山まで、水無山を経て標高約100mを約1時間かけて往復することになる。国見山という名称から、山頂付近もかつては視界が開け、四方の国々を検分できたのかもしれないが、今は樹木が繁茂し視界が見通せない。ただし、山頂手前に南西に開けたところがあり、薊岳の稜線がよく望める。
 明神平付近は、四郷川の源流にあたり、少し下ったところから豊かな水量の湧き水がとくとくと流れている。これなら300人収容の国見荘の水源を確保できたはずだ。この渓流に沿った登山道を下 山する途中、明神滝に足を止めると、5月初旬、ニリンソウやイチリンソウの花がわずかに残っていた。車道に出るまでの渓流沿いの登山道はところどころ軟弱である。かつて、明神平スキー場まで人を運ぶため輸送路が計画されたはずだが、七滝八壺から約500m上流で車道は止まっており、計画の限界がここで尽きたのかなと想像しながら下山する。

 
国見山山頂   リフト用の動機か(明神平)
 
明神の滝   薊岳登山口に鎮座する笹野神社
 
 
 
   

 
   

Copyright (C) Yoshino-Oomine Field Note