Home

 

やまとの花手帖

 
         
         

ヤマシャクヤク (山芍薬)

ボタン科ボタン属

金剛山・カトラ谷(2014.5.17.)

 日本に自生するボタン科の仲間は、ヤマシャクヤクとベニバナヤマシャクヤク。ボタンもシャクヤクも、中国が原産で当初は薬草として持ち込まれたものらしい。八重咲きで大きな花をつける中国産のものは、やがて観賞用として園芸品種が普及した。長谷寺(桜井市)はボタンの寺として賑わう。
 日本にもボタンの仲間が自生すると聞けば、好奇心がそそられる。花札にも描かれているど派手な花は、どう考えたって日本の野山には似合わない。はたしてどんなボタンが咲いているのだろうか。そんな疑問も図鑑を見れば容易に確認できるのだが、やっぱりこの目で、育った環境を含めて自生種を観察したいと思うのは私だけだろうか。
 そんな願いが届いたのか、金剛山のカトラ谷でヤマシャクヤクの群生地に遭遇した。写真でもお分かりの通り、この花は一重だが、山野草の中ではけっこう大きな白い花を付ける。日本の野山には、この程度で「ボタンの仲間でございます」

 

と主張するのがちょうどいい。秋に実が熟すと、結実しない赤色と結実した黒色の種子ができ、あの派手さ華やかさは種子の方に任せているようだ。 

 5〜6月
 本・四・九