Home

 

やまとの花手帖

 
         
         

ニリンソウ ( 二輪草 )

キンポウゲ科イチリンソウ属

金剛山・カトラ谷(2014.5.2.)

 山の地図で「お花畑」という表示をよく目にするが、実際にそこを歩いてみても、そうそう出くわすものでもない。開花期というのは、数週間単位で遅かったり早かったりするからだ。ましてや、人工林に覆われた金剛山など、お花畑とは無縁と思っていたが、カトラ谷を歩いていた時に、どんぴしゃりとお花畑に遭遇した。遠目には、クローバーがグランドカヴァーと化したようにも見えるが、これがニリンソウであることを教わる。ニリンソウの場合、度々このようなお花畑を形成するものらしい。
 ひとつの茎に花を2個咲かせるのが、その名前の由来らしいが、二輪目は少し遅れて咲くので、“一輪草?“に見えるものも多い。花言葉は「友情」「協力」で、なるほどそのままだなと突っ込みを入れたくなるが、もう一つ「予断」とある。二輪目も必ず咲くよという予断だろうか。実は、同じルート上に、本物のイチリンソウも咲いているところがあり、開花期もほぼ同じである。イチリンソウの方は、花が何倍も大きいのですぐに見分けはつく。
 

 

 さて、ニリンソウと聞けば、川中美幸の「♪二輪草」をイメージする人も多いだろう。どんな歌詞だったかなと調べてみると、一番の歌詞に「好きで一緒になった仲 喧嘩したって 背中あわせのぬくもりが かようふたりは ふたりは二輪草」とあった。この清楚な白い花に、惚れた腫れたなどと浪花節を重ねるのは、「(作詞家先生!)山中に自生するニリンソウを実際にご覧になっての創作でしょうか」。 

 4〜6月
 北・本・四・九