Field Guide
                         くりんとのフィールドノート

           
   
 大和の勧請掛け(カンジョウガケ)
畑屋のカンジョウナワ
 

村の入り口付近の川に「勧請縄」と呼ばれる大縄を掛け渡し、川下から川を道にして上がってくる悪霊を伏せぎ、村内の安全・疫病祓いや五穀豊穣を祈願する「勧請掛け」という年頭の行事が、今も大和に所々残っている。

なかでも、有名なのが明日香村稲渕・栢森の綱掛祭。稲渕の男綱は成人の日に、栢森の女綱は1月11日に、それぞれの性器をシンボル化した藁の造形物が掛けられる。
1月5日に行われる大淀町畑屋のカンジョウナワのように、お正月に飾るしめ縄を大きくしたような勧請縄が一般的なのに対して、男綱・女綱が祀られるのは、やはり子孫繁栄や五穀豊穣を祝ってのものと考えられる。

男綱・女綱でいうと、桜井市の江包・大西のお綱祭りのは、とてつもなく大きい。まず、2月 9日に春日神社(桜井市江包)で男綱づくりが行われ、翌10日に市杵島神社(桜井市大西)で女綱づくりが行われる。
そして、2月11日には、両方の綱が素盞鳴神社(桜井市江包)で合体する「入舟の儀式(結婚の儀)」が執り行われる。
大西地区の方では、女綱を作った後、泥相撲もとられており、古くからの田遊び祭りの一種で、やはり豊作を祝う儀式と考えられる。

上記以外に、桜井市の鹿路、針道、小夫、さらには天理市下仁興町の各村にも、勧請掛けが残っていると聞く。
大和川流域の民俗文化が面白くなってきた。

 

  稲渕の男綱(明日香村)

  栢森の女綱(明日香村)

  入舟の儀式後の勧請縄(素盞鳴神社/桜井市江包)

  初瀬川綱掛橋にかかる女綱の尾(桜井市大西)

 
 
   

Copyright (C) Yoshino-Oomine Field Note