Home ならの樹木見聞録 どんぐりを調べる  
 

ツクバネガシ (衝羽根樫)

ブナ科アカガシ属

 

×2.0
奥吉野実習林(2007/NOV)

×2.0
奥吉野実習林(2007/NOV)

×0.8
奥吉野実習林(2007/NOV)

   

×2.0
上北山村小橡(2010/NOV)

×2.0
上北山村小橡(2010/NOV)

×1.5
上北山村伯母峰(2011/NOV)

   

  2年成で、殻斗にはリング状の縞模様が入りビロードのような毛がふさふさと密生している。堅果はカシ類の中では最も大きく、表面に縦じわがくっきりと入る。

×1.0
春日山原始林(2007/SEP)

 

 常緑高木。葉表にはワックスをかけたような艶があり、側脈もはっきり見える。また、縁が裏側に沿っているなど特徴も多く、慣れてくると葉だけで同定できる。

上北山村小橡(2004/JUL)

 

春日山(2007/SEP)

 

伯母峰(2011/OCT)

 

 

   

 照葉樹林の構成樹で、ウラジロガシ、アカガシと共に春日山原生林に多い。
 希少なイワタバコ科のシシンランが寄生する木でもあり、上北山村小橡の水分神社境内のツクバネガシの巨木にはその群落が見られ、国の天然記念物に指定されている。
 本・四・九