Home ならの樹木見聞録 どんぐりを調べる  
 

スダジイ (すだ椎)

ブナ科シイノキ属

 

×2.0
春日大社(2007/NOV)

×2.0
春日大社(2007/NOV)

×0.9
春日大社(2007/NOV)

   
 

×2.0
橿原神宮(2010/OCT)

×2.0
橿原神宮(2010/OCT)

 
 

×1.5
国頭村(2012/OCT)

×1.5
国頭村(2012/OCT)

 
   

  2年成で、殻斗がどんぐり全体を包んでいるが熟すと3〜4裂する。堅果は三角錘型でツブラジイより大きく細長い。 スダジイにも個体差があり、私が沖縄県国頭村で拾ったものはまん丸く、まるでツブラジイのようであった。ツブラジイとは近縁種だが、成り時はこちらの方が1か月以上早い。いわゆるシイの実で、実は甘く生食できる。少し炒って塩をふりかけると一層美味しい。
 奄美以南に自生するスダジイは「イタジイ」「オキナワジイ」と呼ばれ、亜種とする場合がある(ssp. lutchuensis)。沖縄本島北部のやんばるの森は亜熱帯性照葉樹林だが、このイタジイ(スダジイ)が主構成樹で全体の70%を占めるという。こちらのイタジイの大木は、表土の薄い赤土国頭マージの上に根板を形成する。

×1.0
春日大社(2007/NOV)

 

 常緑高木。下から木を見上げると、葉裏は白っぽく見える。

 

伊武岳・国頭村(2012/OCT)

 

県民の森・恩納村(2012/OCT)

 

伊武岳岳・国頭村(2012/OCT)

 

伊武岳岳・国頭村(2012/OCT)

 

橿原神宮(2005/OCT)

 

橿原神宮(2004/OCT)

 

橿原神宮(2005/OCT)

 

橿原神宮(2004/OCT)

   

  比較的温暖な地域に生育し、日本では福島県および新潟県以西・以南から与那国島まで、また国外では韓国の済州島にも分布する。ツブラジイが関東以南に分布するのに対し、スダジイの方が北まで分布する。西日本では、海岸部にスダジイ、内陸部にコジイが分布する傾向があり、したがって、奈良県内で見られる自生種の多くはツブラジイ(コジイ)の方である。ただ、橿原神宮や春日大社周辺はどんぐりの宝庫で、こちらでは植栽されたと思われるスダジイがたくさん見られる。
 これらシイ属は虫媒花で、上向きに花を付ける。

 本(福島以西)・四・九