Home ならの樹木見聞録 どんぐりを調べる  
 

ナラガシワ (楢柏)

ブナ科属

 

×2.0
金剛山麓(2007/NOV)

×2.0
金剛山麓(2007/NOV)

×0.8
金剛山麓(2007/NOV)

×2.0
下市町(2009/NOV)

×2.0
下市町(2009/NOV)

×2.0
長居公園(2017/NOV)

×1.8
下市町(2011/OCT)

×1.5
下市町(2011/OCT)

×2.0
長居公園(2017/NOV)

   

  1年成で殻斗は鱗状。大きな太鼓型の堅果に底の浅い殻斗といった組み合わせは、独特な形状である。堅果の肩の部分には、白い粉状のものを被っている。

×0.9
金剛山麓(2007/NOV)

×1.0
吉野川(2008/NOV)

 

 落葉高木。カシワに似ているが、こちらは鋸歯の先端が鋭い。また、コナラやミズナラとも似ているので、堅果や樹皮、地域等から判断する必要がある。

 

五條市野原(2004/NOV)

 

五條市南阿田町(2004/NOV)

 

下市町(2005/NOV)

 

森林技術センター(2011/JUL)

   

金剛山麓(2008/APR)

   
     

  大淀町から五條市にかけて吉野川(紀ノ川)河岸の段丘にナラガシワの大木が見られる。カヌーで下った際に数多く発見したのだが、この木は重力散布以外に、オニグルミのような水散布という戦略をもっているのだろうか。
 奈良県内にカシワの自生地を探すのは難しく、吉野川流域では「カシワ」といえばこの「ナラガシワ」を指し、私の父(昭和6年生)が子どもの頃は、柏餅にこの葉を利用したという。木肌には縦に大きく不規則な裂け目が入る。
 本・四・九