Home

 

デジスコ野鳥図鑑

 
         
         

デジスコで惑星撮影

                                                    <2005.4.23.pm21:43撮影>

野鳥を撮影するために、スコープとデジカメを組み合わせた「デジスコ」という方法がある。
基本的には、野鳥を追いかけるのだが、未だ腕のいい動物写真家にはなりえていない私が、もう一つのターゲットを見つけた。
それは月や惑星の観測。
私のスコープは20倍で、月を観測するのにちょうどいいが、木星の縞模様や土星の輪まではとらえることができない。
しかし、デジカメの光学3倍ズームを使えば、20×3倍=60倍という計算になる。
実際には、デジカメの液晶モニターで見ることになるため、クリアな姿は写真に撮った後のお楽しみということになる。


さて、この場合、デジカメの方にいくつかの条件が必要となってくる。
@スコープとデジカメを固定するのにアダプターが必要であるが、その際、レンズ枠にほられているコンバータ用の溝を利用するため、そうした構造のデジカメで なければならない。(適合機種は、メーカーHP等で確認を。)
A次に、デジカメに、長時間露出撮影(BULB)の機能が付いていること。
天体撮影の場合、光が弱いため、少し長めにレンズを開放させておく必要がある。
一眼レフのカメラでは一般的な機能だが、コンパクトデジカメの場合、先の機能はないことが多い。
ただし、満月の撮影の場合は、必要ないかもしれない。)

 ●木星 2005.4.23.pm10:10撮影
 ●スコープから覗くとこうは見えないが、デジカメで撮影
   後、拡大すると縞模様が。思わず歓声をあげる!
 ●木星 2004.5.28.pm9:17撮影
 ●ガリレオ衛星を3個とらえたのですが、おわかりでしょ
   うか?