Home

 

デジスコ野鳥図鑑

 
         
         

ツグミ (鶫)

スズメ目ヒタキ科

金剛山麓(2008.3.15.)

ここ金剛山麓においては、冬鳥の代表。芝生や舗装されていない歩道に下りてきては、数歩はねて胸を反らせた姿勢で立ち止まり、また数歩はねるという動作をくり返す。ヒヨドリ大の大きさだが、その所作はいたって静かで、鳴き声も聞いたことがない。繁殖地が大陸で、さえずることもあまりないため、「(口を)つぐむ」という古語がその名の由来だと聞く。しかし、繁殖地でのさえずりはホオジロなどにも勝るとも劣らない美声らしいから一度聞いてみたいが、繁殖地は樺太及び樺太以北のシベリアだ。随分と長旅をしてきたのだと思えば、この冬の迎え方も少しは暖かさが増すだろう。
  翼の栗色の羽縁の幅は固体によって異なり、ほとんど栗色の見えないものから、大雨覆と風切全部が栗色に見えるものまである。また、胸の黒斑の多少にも変化が多く、個体差が大きい野鳥である。野鳥に興味を覚え始めた頃は、ツグミの同定に自信がなかったが、今や、1羽1羽識別しやすいという観察上の面白さも加わる。

  写真は梢に留まっているが、芝地をピョンピョントはねながら地面突いている姿がツグミっぽいかもしれない。
  冬鳥として渡来し、畑・水田・河原・芝生等の開けたところに下りて餌をとる