Home

 

デジスコ野鳥図鑑

 
         
         

トラツグミ (虎鶫)

スズメ目ヒタキ科

馬見丘陵公園(2011.2.13.

この鳥が奈良盆地において希少種なのかどうかよく知らないが、よく行く公園の野鳥ファンと思われる人たちのやりとりで、「いいのが撮れましてね」と鼻高々にトラツグミの写真を見せている場面に出くわしたことがある。またある時、私自身が息を凝らして林間を見つめていると、後方から小さな声で「トラですか?」と囁かれたこともある。どうやらこの公園では、大きな獲物らしい。
 トラ柄模様の本家であるトラも、林間で我が身をカモフラージュして獲物に近づくようだから、トラ柄をまとったこの鳥も、その長所を生かさないはずがない。林間や林縁だと、天敵に見つかりにくく安心してミミズをとることができるのだろう。一方、近似種のツグミは、全く無防備かのように、開けた芝生地に出てチョンチョンと飛び跳ねながら餌をあさっている。トラツグミの方は、おそらく素早く飛び立って逃げるのが苦手なのだろう。
 その代わりと言ってはなんだが、地上ではノシノシと地面をしっかりつかみながら歩いている。落ち葉を踏みしめた時のガサガサという音をたよりにその所在を探るが、先のトラ柄模様がバード・ウォッチャーの目をいとも簡単に攪乱するというわけだ。

 雌雄同色。
 
全国的に繁殖し、北の地方のものは暖地へ移る。低地から山地のよく茂った林にすみ、林中や林縁の地上でミミズをとる。林の中を低く飛ぶことが多い。