Home

 

デジスコ野鳥図鑑

 
         
         

シメ (鴲)

スズメ目アトリ科

金剛山麓(2013.3.2.)

 アトリ科の鳥はどうして嘴が太く短いのだろう。山地でカラ類やヒタキ類を観察することの多い私にとっては、太り気味で短く太い嘴の容姿にどうも違和感を覚える。シメの場合、ムクノキ、エノキ、カエデ、シデなどの種子を主食とし、果肉の部分は摂取せず、もっぱら太い嘴で硬い種子を割って中身を食べるという。どうやら太い嘴は、そのためにとても威力を発揮するようだ。

 アトリ科の中でもとりわけずんぐりと太い。
 
北海道以北で繁殖し、秋冬には日本全土の落葉広葉樹の林に渡来する。