Home

 

デジスコ野鳥図鑑

 
         
         

キセキレイ (黄鶺鴒)

スズメ目セキレイ科

@♂ A大台ケ原(2011.7.17.)

山中でセキレイ類を見かけると、水辺が近いのかなと推測できる。敵から発見されやすいはずの広い河原の石の上にも、この鳥の糞をよく見かける。長い尾にスポーツカーのようなボディ。目にも止まらぬ早さで飛翔を繰り返しているが、ちょっとやそっとでこちらもまた河原でよく見かけるトビなどには捕まらないのだろう。
 渓流によく響く大きな声でさえずる様は、意外に評価されていない。針葉樹の幹の先っぽで、盛んに歌っていた雄が、しばし林の向こうに姿を消したかと思いきや、大きなバッタを加えて戻ってきた。「 僕はこんなに大きな獲物を捕ることができるんだぞ」というパフォーマンスなのか、同じ幹の先っぽで平らげてしまった。

  夏羽は、雄の喉は黒くて白い顎線が目立つ。雌は喉の色が白から黒いものまである。
 
九州以北で繁殖し、平地から標高2,000m以上の高地にまでいる。川、池、湖沼等のそばにすみ、北地や高地のものは暖地へ移動して越冬する。