Home

 

デジスコ野鳥図鑑

 
         
         

イソヒヨドリ (磯鵯)

スズメ目ツグミ科

金剛山麓(2011.2.25.)

 「ホイピーチョイチョイ、ツツピーコー」、わが家の寄棟造の屋根のてっぺんから、とても美しいさえずりが聞こえてくる。飛び出してその姿をとらえると、頭から背・胸にかけて青く、胸が赤い。図鑑で調べると「イソヒヨドリ」の線も浮上したが、その名前に惑わされ、「アカハラ」と断定してみた。
 やがて、近所の小学生が、その鳥の雛を拾ったと騒いでいる。民家の屋根の隙間に作った巣から、落ちたものらしい。「野鳥は人の手で育てられないから、巣に戻した方がいいよ」とアドバイスすると、何度戻しても落ちてしまうということだった。すると、段ボールに入れられた雛が心配なのか、親鳥の姿が遠巻きに見え隠れしている。とは言うものの手の施しようもなく、あとは死を待つしかないだろうと思っていたら、翌日、餌付けに成功したという。ペットショップで売っているミールワームを割り箸で与えたら食べたらしい。さらに、先の親鳥もベランダに置いた段ボール内の雛に餌を与えに来たというのだ。私が信じているセオリーから外れた奇跡が、小学生の手によって幾つも起こった。やがて、雛は親鳥と共に巣立っていったという完結編だ。そして、そのドラマのタイトルは「イソヒヨドリと少年」ということが判明した。その名の通り、海辺の留鳥だが、河川に近い内陸部や時には海岸から離れた城壁やビル街でも見かけることができるという。
 今年も、イソヒヨドリがわが家の寄棟造の屋根のてっぺんに現れ、「ホイピーチョイチョイ、ツツピーコー」とさえずっている。少年から巣立ったイソヒヨドリかどうか確かめようもないが、私たちはあのイソヒヨドリだと信じることにしている。

 雄は頭から背・胸にかけて青藍色、腹は赤褐色。雌は上面が灰黒褐色、腹は褐色のうろこ状斑。
 全国の海岸の岩場に留鳥としてすむ。