Home

 

デジスコ野鳥図鑑

 
         
         

ホオジロ ( 頬白)

スズメ目ホオジロ科

@♂ A馬見丘陵公園(2011.2.6.)

@♀ A金剛山麓(2008.12.29.)

 聞きなしのたいへん多い鳥である。それだけ人々の近くにあって、愛されている鳥なのだろう。
  「一筆啓上仕り候」
  「源平つつじ、白つつじ」
  「丁稚鬢付け何時つけた」
  「取って5粒2朱負けた」
  「札幌ラーメン、味噌ラーメン」
 鳴き方に地域差もあるらしいが、私の周辺(奈良県南部)では、「源平つつじ、白つつじ」が多いように思う。

 野鳥のさえずりは求婚であったりテリトリーの宣言であるが、繁殖期になると、雄は木の梢、しかもできるだけてっぺんに留まってさえずり、「日本4銘鳥」の誉れ高い。ちなみに、「3銘鳥」となると、オオルリ、ウグイス、コマドリと数えられ、惜しくもその選に漏れてしまう。この鳥の場合、未婚の雄は胸をのけぞり、既婚のものは正面を向いてさえずると言うデータも聞くが、人間っぽいのか、人間の思惑を重ねただけなのか、観察会などで説くにはおもしろい。

 野鳥に興味がなければ、スズメと片付けられてしまいそうな地味な容姿であるが、雌雄の姿は微妙に異なる。雄に比べて、雌の方は淡い色調の羽をまとっているが、モズなんかもそうした違いが見られる。また、地鳴きはチチッ、チチッと発し、冬場、地上で餌をとることが多い。
 
大部分は留鳥で、秋冬には数羽の群れでいるが大群にはならない。