Home

 

デジスコ野鳥図鑑

 
         
         

ゴジュウカラ (五十雀)

スズメ目ゴジュウカラ科

高野辻(2010.1.17.)

 大きな木の幹に爪をしっかり立てて、忍者のような軽やかで移動する。しかも、逆さ向き歩行が得意なようで、地面に向かってスルスルと動く様がこの鳥の代名詞と言えるだろう。初夏、大台ヶ原の駐車場からシオカラ谷に向けて数十メートル落葉広葉樹の森に入ると、フイフイッフイフイッといったさえずりが聞こえてくる。やがて声が近くなり林間に目を凝らせば、例の逆さスタイルのゴジュウカラがご登場というわけだ。両脇の橙色が彼らのオシャレ心だろうか、素早い動きの中でもこの蛍光色の残像が網膜に残るため、ゴジュウカラだと見分けがつく。

 丈夫な嘴と短い尾をもち雌雄同色。
 
九州以北の山地の林に留鳥としてすみ、本州中部では標高1000mくらいの山地の落葉広葉樹林に多いが、北海道では低地にもいる。