Home

 

デジスコ野鳥図鑑

 
         
         

エナガ (柄長)

スズメ目エナガ科

金剛山麓(2008.12.7.)

 一頃、学校や公園に池を作ってミニ生態系を再現しようとする「ビオトープ」づくりが話題を呼んだ。意図的にメダカやオタマジャクシを放つこともあるが、そうした空間にはやがてプランクトンやボウフラが発生し草が生え、そうしたエサや水場を求めて野鳥やトンボが飛来する。カエルや昆虫たちが集まってくるという風に、一つの小さな水たまりが生き物たちの井戸端になるという試みである。私も庭に水蓮鉢や防火水槽を置いて雨水を貯めメダカを放っていたが、やがてヒヨドリが水浴びをしに来るようになった。また、トノサマガエルが居座り毎年姿を現すようになった。狭い庭にも簡単にビオトープという2次元空間をつくることができるが、今度は1本の木を植えてみよう。人の背を越すぐらいに大きくなってくると、野鳥や昆虫が集まる3次元空間が生まれる。樹上ビオトープというわけだ。
 わが家ではクヌギやイロハモミジが大きく育っている。それらの木についた虫の幼虫や卵をねらって野鳥が集まる。シジュウカラ、エナガ、コガラなどは冬の間混群となってやってくる。

 名前の通り体調の半分は尾っぽで、嘴は短小。
 
中国を主産地とし、日本では留鳥である。九州以北の丘陵や低山の林に留鳥としてすむ。