Home Field Note 大台自然観察ノート  
 

6月の主役はシロヤシオ

 
正木峠はシロヤシオのトンネル(2011年)

シオカラ谷のシロヤシオは1本1本枝ぶりがいい(2014年)

 大台ヶ原のリピーターは花の季節をよく知っている。5月上旬はトサノミツバツツジで、下旬からツクシシャクナゲ、6月に入ればアケボノツツジ、サラサドウダン、ヤマツツジ、そしてシロヤシオが見頃を迎える。いずれもツツジの仲間だ。大台でガイドをする際、「シロヤシオは別名五葉ツツジともいい、愛子内親王のお印です」と説明すると、女性陣の食いつきがよい。すると、「大台に“アカヤシオ”はありますか?」となかなかマニアックな難問を返してくる強者もおられる。アカヤシオは、大台では今のところ確認されておらず、すぐ近くの御在所岳(三重県・滋賀県)以東がアカヤシオ、大台ケ原以西がシロヤシオと自生地を分けているようだ。
 さて、どんぐりに成り年・不成り年があるように、花にも成り年・不成り年がある。植物にとって、花を咲かせたり実をつけたりする繁殖戦略には、相当なエネルギーを費やすため、その準備が整っていなかったり気象条件によってはあっさりとその戦略を放棄してしまう。大台ヶ原のように標高が高く生育環境の厳しいところでは、そうした判断がその後の生死を分けかねないため、植物も無理をしないようだ。

 昆虫と共に進化を遂げてきた被子植物の花は、蜜との引き替えに受粉をポリネーターたちに担ってもらっている。蜜の在りか(蜜腺)と雄しべ・雌しべの位置関係は微妙に工夫され、昆虫の体の決まったところに花粉をつけさせているものも多い。このようにポリネーターたちを効率よく誘導するために、花弁には蜜標(ガイドマーク)というものを付けている花がある。とりわけツツジのなかまには顕著に表れており、観察にも適している。
 写真でわかるように、シロヤシオの花にはすべて同じ位置(上側)に緑色の斑点模様がある。そこを道標にやってきた昆虫の腹側に接触するよう、雄しべ・雌しべもやや上向きに伸びている。美しさをアピールしたかのようにみえる花弁にも、こうした合理的・機能的な美しさが兼ね備わっている。

 2011年6月、東大台に開花したシロヤシオは、6年に一度という当た


シロヤシオ

り年だった(ビジターセンター職員・談)。どの個体もたわわに花を付け
重たそうである。とりわけ日出ヶ岳山頂下の展望台から正木ヶ原山頂までの木道が、シロヤシオのトンネルとなっていて、大台一の見どころである。花弁は、その蜜標が緑色をしているせいか寒色系の雪のような白色をしている。しかし、なかにはピンク色が入ったもの、さらに花弁全体が淡いピンク色をしたものなど個体差もあり見ていて飽きない。では、以下に大台のツツジ科図鑑を。

トサノミツバツツジ(5月上旬) ツクシシャクナゲ(5月下旬)

アケボノツツジ(6月初旬)

サラサドウダン(6月初旬)

ヤマツツジ(6月初旬) シロヤシオ(6月中旬)

ツリガネツツジ(6月初旬) ベニドウダン(6月初旬)

シロドウダン(6月下旬) コアブラツツジ(6月下旬)