Home Field Note 大台自然観察ノート  
 

大台ヶ原開山の歴史

 

開拓跡(西大台)

 明治2年、京都宇治興正寺の寺侍竹崎官治らが高野谷を開拓し、蕎麦・栗・稗・大根・馬鈴薯などを栽培したが、馬鈴薯以外は不作で開拓は失敗した。(現開拓跡)明治3年にも、地元西原の大谷善三郎、馬渕の堀十郎、五条の小川治郎らが高野谷に入り、2年間、稲を栽培したがやはり失敗に終わっている。明治18年には、探検家松浦武四郎が晩年の68歳より大台ケ原に登り始め、自費で登山道の整備、小屋の建設などを行っている。(1889年、ナゴヤ谷に建てられた「松浦武四郎碑」に分骨されている。)

 明治24年に入山した古川嵩(ふるかわかさむ)氏は、同32年(1899)に、多くの人々の支援をうけて福寿大台教会開設した。(現在の本殿は、その後改築されたもの。)氏の入山目的は、「大台ケ原山頂に天津神々を始め国津神々を招き祀り、修業道場を造り、心身の病気に苦しむ緒人に万有造化生成の真理・原理・道理の根拠を体得させ、病魔を撃ち払い健全な身体に蘇らす修練の聖なる山とすると共に、風光明媚なこの大台ケ原を広く世に出したいと念願した。」と伝わるが、その後、神道一派の神習教教祖芳村正乗氏に師事し、ここを神習教の分教会とした。しかし、宗教色を誇示し、信者の獲得、教義の押しつけなどの行為は好まず、「福寿大台ヶ原教会」と呼称して、訪ね来る人は拒まず、一般の登山客にも宿泊施設として提供してきた。その後、牛石ヶ原に神武天皇銅像を建立、大台の気象観測にも意欲的であった同翁は、出水警告を下流の河合村林 業組合に連絡する方法として、電話線の架設を大台教会−逆峠−河合間に施した。

大台教会

 その古川嵩氏の後継者として、田垣内政一氏が2代目会長を引き継いだ。政一氏は、大台教会の設立に尽力した田垣内政右衛門氏の孫にあたり、気象観測の継続や自然公園指導員としての活動を行った。現在も、田垣内家によって教会は守られて いる。

 なお、大正6年からは、四日市製紙が東大台の約200haを皆伐に近い状態で伐採しているが、当時、切り出した木材を馬で引かせるため切り拓いた平坦で道幅の広い廃道跡 が今も残る。一部は、西大台で登山道と重なり、鉄製のレールなども放置されたままである。

【参考文献】 『大台ケ原開山記 −古川嵩伝記−』鈴木林・著

西暦

元号

大台の歴史

1869 明治2 京都宇治興聖寺、開山のため入山。一年余で失敗(現開拓跡)
1885 明治18 3年間にわたり、北海道探検で有名な松浦武四郎が開拓目的の調査登山
1891 明治24 大台ケ原開山の父古川嵩が初めて登山
1895 明治28 日出ヶ岳山頂に1等三角点設置
1899 明治32 大台教会本殿ほか付属の建物がすべて完成し、信心の有無にかかわらず、すべての登山者に宿泊設備が提供された。総工費58,000円はすべて浄財で賄われる。
1911 明治44 オオダイガハラサンショウウオ発見
1917 大正6 (株)四日市製紙が東大台の約200haを皆伐に近い状態で伐採(〜1922年)
1925 大正14 大台教会〜河合間に長距離有線電話が開通
1928 昭和3 神武天皇銅像が完成し牛石ケ原に設置
1936 昭和11 吉野熊野国立公園に指定
1944 昭和19 大台教会に陸軍分遣隊駐屯
1959 昭和34 伊勢湾台風により攪乱
1961 昭和36 大台ヶ原ドライブウェイ開通(有料)、第2室戸台風により攪乱
1962 昭和37 大台荘完成
1965 昭和40 大台ヶ原ビジターセンター開設、(株)本州製紙による森林伐採計画が具体化
1974 昭和49 奈良県が大台ケ原地区671.55haを(株)本州製紙から買収、奈良県が大台ケ原集団施設地区24haを本州製紙(株)から寄付採納。※昭和59年、環境省に移管。
1981 昭和56 大台ヶ原ドライブウェイ一般県道に移管
1988 昭和63 第1期パークボランティア講習会開催
1992 平成4 現大台ヶ原ビジターセンター開設
2005 平成17 大台ヶ原自然再生推進計画(環境省自然環境局)
2007 平成19 西大台利用調整地区につき立ち入り制限(9月1日実施)
2009  平成21 大台ヶ原自然再生推進計画−第2期−
大台ヶ原の現存する森林生態系の保全を図るとともに、天然更新により後継樹が健全に生育していた昭和30年代前半までの状況をひとつの目安として森林生態系の再生を目指す。