くりんとの最新ガイド

金剛四十八滝の丸滝谷
  金剛山には、16方位まんべんなく蜘蛛の巣状にルートがあり、順に踏破していく楽しみがある。大きくは谷筋と尾根筋に分かれるが、圧倒的に谷筋のルートが面白い。渓谷というのは登るにつれて滝や急流などの変化があり、知らず知らずの間に高度を稼いでいる。また、水場には山野草が多く、四季折々の花に出会う楽しみもある。一方、尾根筋は人工林が多く、...。

ナチュラリスト図鑑

どんぐり図鑑

 日本に自生するブナ科の樹木は22種で、広義ではこれらの堅果をどんぐりという。あなたのまわりでは、何種類のどんぐりを見つけられるかな?

大台ケ原自然観察ノート

 吉野・熊野国立公園大台ケ原の魅力は尽きない。環境省のパークボランティアとして、毎月、大台に上るくりんとがその見どころを解説。

足跡図鑑

 糞や食痕など、動物の痕跡を「フィールド・サイン」といい、それらの証拠をたよりに犯人を追跡することを「アニマル・トラッキング」という。

野鳥一期一会

 野鳥を観察するためのフィールド・スコープとデジカメを組み合わせること で(デジスコ)、野鳥の表情まで手に入れることができるようになった。

深き大和

西行さんと歩く

 私の行くところ行くところで西行の足跡に出会う。彼が詠んだ花を月を、あらためてその場に立って感じてみたいと思うようになった。

大和の妖怪談義

 歴史ある奈良は妖怪の宝庫。とりわけ紀伊山地を中心とした南部の山々に多く棲む。妖怪は信じる人の前にこそ現れ、話しかけてくれるのです。

和州探訪

 古の旅人が訪ねた深き大和を、古典を携えて歩いてみる。万葉集や記紀に記された大和、芭蕉や本居宣長らが記した大和を。

やまとの花手帖

 大和では、古代より万葉人も山野草を愛してやまない。ミレニアムの年、私は初めてデジカメを手にし、万葉人の視力に近づいた。

森の生活

 「森人」の知恵・技・食・言葉をくりんとが紹介します。

What's New !

2019. 6.30.  和州探訪「古の人と共に訪ねる神仙龍神の滝」
2019. 6.29.  Mountain Guide 「金剛四十八滝の丸滝谷」
2019. 6.23.  和州探訪「いつの世にも久米仙人」
2019. 6.20.  大和の妖怪談義「山の神vs山姥の勝負は?」
2019. 6.14.  大和の妖怪談義「葛城に葬られた土蜘蛛」 「姿見えぬ天狗の悪行」他
2019. 6. 8.  和州探訪「大神神社の御祭神『大物主大神』」
2019. 6. 8.  Field Note「西日本四大性神事」
2019. 6. 6.  Nature Guide「古座川弧状岩脈」
2019. 6. 2.  和州探訪「『菅笠日記』を携えて奥千本からの滝巡り」
2019. 5.30.  Mountain Guide 「黒滝村地蔵峠より花の奥千本をめざす」
2019. 5.27.  西行さんと歩く「那智の高嶺に月と花を尋ねて」
2019. 5.25.  Nature Guide「 紀伊半島から桜の新種100年ぶりに発見、その名も『クマノザクラ』」
2019. 5. 4.  西行さんと歩く「仏には桜の花を奉れ西行入寂の地弘川寺」
2019. 5. 2.  Field Note「佛隆寺の千年桜」

このページのトップへ