Guitar Case 81

Guitar Case  Enyatotto-Ichiza Home

1961年生の田原俊彦と石野真子

 リモコンでテレビのチャンネルを送っていると、音楽番組「HEY!HEY!HEY!」(フジテレビ系列2010/12/13放送)が目にとまった。「冬の名曲」と題して、なつかしい歌手を登場させるという趣向だが、やがて歌手デビュー30周年を迎える田原俊彦がスペシャルライブを披露した。私にとって、画面上の田原はずいぶん久しぶり。
 実は少し前、朝日新聞「耕論/逆境をゆく」の中で『マイケル亡き今、ぼくが一番」という田原の記事を読んだ。「歌もダンスも進化している。マイケル・ジャクソン亡き今、歌って踊るステージでは、ぼくが一番だって言う自信がある」と。

 彼は、1979年のTBSドラマ『3年B組金八先生』出演をきっかけに、「たのきんトリオ」の先陣を切って『哀愁でいと』で歌手デビュー。1980年代のトップアイドルとして活躍する一方、『教師びんびん物語』など俳優としても活躍した。しかし、1994年ジャニーズ事務所を独立してからは、状況が一変する。ヒット曲もなくテレビ出演も激減。結婚して長女が生まれた記者会見では、「僕ぐらいビッグになると…」と、いわゆる「ビッグ発言」で各マスコミからパッシングを受け、「an・an」の嫌いな男ランキング1位となる。それでも今は、毎年新曲を発表し、ライブや小さな枠の中で精一杯パフォーマンスを演じ、地道に歌手活動を続けている。彼は記事の中でこう続ける。「打席に立たなきゃヒットは打てない。結果が伴わず、逆境やどん底にいると感じている時は、後ろ向きな気持ちになりますよね。でも逃げちゃダメだ。」
 この新聞記事を読んだあとのテレビ出演だけに、彼のステージは特別な思いで私の目に映った。だからだろうか、いやいやこの日の彼は実にかっこよかった。頭は幾分薄くなったが、スタイルは維持され“歌”も“ダンス”も進化している。
 実は、トシちゃんは昔から嫌いだった。軽薄そうなキャラに加え下手な歌。なぜ、歌って踊る必要があるのか、マイケル・ジャクソンのスタイルは受け入れがたかった。しかし、あれから20〜30年たって、もはや歌の上手下手などどうでもいい。ダンスをもう少し見ていたくなるほど、きまっていた。美味しいお酒を飲んだようなほのかな酔い。最後は、『抱きしめてTONIGHT』。トップ・アイドルとして突っ走ったキャリアは、決して軽薄でもなく健在であった。

 なんと、彼と私は同い年。誕生日もわずか4日しか違わない。オッサン化に加速がつき始める同世代の中にあって、彼の存在は勇気を与えてくれる。もはや誰にこびることもなく大小のステーに立つ彼の姿はやっぱり“ビッグ”だ。
 蛇足かもしれないが、この日同番組に出演していた石野真子も同い年。彼女は1月生まれで、私は2月生まれ。画面の向こうではしゃぎまくりオバサン化した堀ちえみや国生さゆりとは対照的に、大人の女性の雰囲気。彼女もこの間、人生の辛苦を味わったと聞くが、齢にあった『ワンダー・ブギ』を少しはにかみながら きちんと歌った。私には、芸能界の酸いも甘いも知る由はないが、田原俊彦も石野真子もいい顔している、いい歳の取り方をしているなと映った。この夜、私はとてもいい気分になった。

by くりんと