Guitar Case 72

Guitar Case  Enyatotto-Ichiza Home

おやじエンタテイメント「藤岡藤巻」

 今夏公開された宮崎駿監督の新作『崖の上のポニョ』の主題歌は、映画を見ていない人でも口ずさめるのではないだろうか。この曲を歌うのは、児童劇団所属の大橋のぞみ(8)と「藤岡藤巻」の特別ユニット。「藤岡藤巻」とは、藤岡孝章(55)と藤巻直哉(55)の男性デュオだ。

 この曲はもともとは大橋のぞみが一人で歌う予定で、そのデモテープを聴いた宮崎監督が「お父さんと娘がお風呂で一緒に歌っているようにしたい」と思いつき、藤巻直哉が仕事で仮歌を 入れてみたと言う。藤巻は、博報堂(のちに博報堂DYメディアパートナーズ)の社員で、業務で映画制作に携わることが多く、スタジオジブリの各作品にもクレジットされている。ちなみに、『もののけ姫』では声優としても活躍している。(セリフはサンが跳ぶシーンで「跳んだ」と5人ぐらいで言うところと、侍の役で「くそう、浅野のなんとか……」というところ。/藤岡藤巻公式HPより) あくまでも仮ということだったらしいが、宮崎監督と鈴木敏夫プロデューサーが「このままでいいんじゃないか。上手くないからいいんだ。」と言い出した。聴いた人が自分でも口ずさみたいと思う 宮崎のイメージに、藤巻の歌はちょうどいい下手さだったということだろうか。

 こうして突然の大ブレイクとなった中年男性の二人。 藤岡孝章の方は、ソニー・ミュージックエンタテインメントでディレクター、プロデューサーとして活躍し、シブがき隊、加藤和彦、宍戸留美他、40組以上のアーテストを手がけた後、現在はF2エンタティンメントを立ち上げているというから、こちらもただ者ではない。しかし、この「藤岡藤巻」という 二人組は、この企画のために結成されたデュオではなく、その活動歴からけっこう年季の入っているグループであることがわかる。
 まず彼らの学生時代に、尾崎純也氏を加えた3人で「まりちゃんズ」というバンドを結成、とあるフォークコンテストでスカウトを受け、1974年に『ブスにもブスの生き方がある』という衝撃的な歌でデビューしている。その後、 グループは活動休止となり、それぞれ先述の会社に就職するのだが、2003年「藤岡君と藤巻君」として活動開始。翌年、「藤岡藤巻」に改名し、2006年SME Recordsから『よろけた拍子に立ち上がれ!』で再びメジャー復帰する。

 「藤岡藤巻」が提唱する”おやじエンタティンメント”。「酒場で繰り返した上司の愚痴だって、ラップにの

せればエンタティンメントに変わる。カッコよくてもイイけれど、カッコ悪くたって構わない。だってエンタティンメントは楽しませたもの勝ちだから。歌に、映画に、舞台に、宇宙に! “おやじエンタティンメント”は、そんな活動に踏み出すおやじ達の前向きな言い訳であり、おやじ達の課外活動でもあるのです。」(藤岡藤巻公式HPより) そんな”おやじエンタティンメント”の延長線上に 、「藤岡藤巻」の活動があり、サラリーマンたちの心の叫びを歌っている。
 ここまでの紹介でも、けっこう興味深い経歴の二人だが、すでにリリースされている「藤岡藤巻T」「藤岡藤巻V」というアルバムがまた傑作だ。『娘よ』『息子よ』(T収録)では子どもたちにオヤジの 歩んだ人生訓を言い聞かせ、『「牛乳トイレットペーパー海苔」』(T収録)は妻へのささや



藤岡藤巻T

かな逆襲を試みる。そして、『オレはフォークが大嫌い』『オレはヘビメタが大嫌い』(V収録)など俺は○○が大嫌いのシリーズもの。さらに『夏はもらったぜ!』(V収録)で、 パワーあるオヤジを演じながら最後に息切れしてしまうというオチ。とりわけ、シングルカットもされている『オヤジの心に灯った小さな火』(V収録)では、里田まいとのデュエット にこぎつけたが、セクハラおやじの勘違いをコミカルに歌い描く。
 かわいい大橋のぞみちゃんと歌う『崖の上のポニョ 』でのイメージとは対極に位置する藤岡藤巻の“おやじエンタテイメント”。彼らのパフォーマンスに刺激を受け元気が出てきた私も、やはりオヤジへの現在進行形だろうか。


藤岡藤巻V


by くりんと