Guitar Case 70

Guitar Case  Enyatotto-Ichiza Home

椿三十郎

 年末、森田芳光監督の『椿三十郎』(2007年)を見た。ご存知の通り、黒澤明監督作品(1962年)のリメイク版で、三船敏郎が演じた主役を、監督たっての希望 ということで織田裕二が努めている。
 感想の第一声は「やぁ〜、面白かった」。私の行った劇場の客層は、平日ということもあって中高年の女性が多かったが、そのおばさん方が空気も温まらぬうちから声を出して笑う。 「こ の映画はこんなにおかしかったかな?」と、数日後レンタルビデオで黒澤版を見たが、脚本はほぼ同じであった。映画の中の椿三十郎は、「柔と剛」を兼ね備えたリーダー 役であるが、三船 に比べて、織田の三十郎はかなり「柔」にシフトしている。そして、押入れ侍役の佐々木蔵之介、次席家老役の小林稔侍、三枚目役に徹したかつての2枚目スター風間杜夫、さらには睦田夫人役の中村玉緒にその娘役の鈴木杏と、笑いの脇役がしっかりと固め、客席のおばさん方の嗚咽まで誘う のだ。そうした側面から見れば、とても楽しい映画としてもう一度見たくなる。
 森田監督によると「三十郎に関しては、当時と現代のリーダー像の違いを出そうと演出した」と言う。「威圧的にぐいぐい引っ張っていく三船三十郎に対して、織田三十郎は若侍一人一人の個性に合わせて説得していく協調的なリーダーシップ を描 いた」とのことだ。しかし、私(1960年代生)から見れば、まだまだ三船の演じた三十郎の方についていきたい。「○○だぜぃ」と若侍に意見する際の口癖は、三船独特のドスの効いた言い回しであって、織田の台詞としては違和感を感じた。逆に、黒藤の懐刀を演じる豊川悦司の存在感は、仲代達矢に 全くひけをとらず、ヒール役側のリーダーとしては申し分ないだろう。

 さて、この映画は脚本そのものが面白くよく出来ている。山本周五郎原作の『日日平安』がベースで、『用心棒』の興行的成功から、 黒澤監督は主役を腕の立つ三十郎に置き換えて『椿三十 郎』としてシナリオ化したもだと聞く。この脚本の面白さは、むしろ森田監督によってより現代的なセンスに味付けされ増幅されている かもしれない。
 この映画の中で、 黒藤邸から助け出された睦田夫人が椿三十郎に向かって忠言する比較的長いやりとりがある。
 「助けられてこんなことを言うのはなんですが、すぐ人を切るのは悪い癖ですよ。」
 「貴方はなんだかギラギラし過ぎてますね。」
 「そう、抜き身みたいに。」
 「貴方は鞘のない刀みたいな人。よく切れます。」
 「でも、本当にいい刀は、鞘に入ってるもんですよ。」
未だ青臭さの残る三十郎と夫人との絶妙なバランスの上に成り立つ会話として、印象に残る。ただ、四十郎、五十郎になっては 、このやりとりに滑稽さが伴ってくる。 
 自分に言い聞かせたいワン・シーンでもある。


by くりんと