Guitar Case 29

back!  menu!  next! トップへ!

ビギンの島唄がオススメ

CDはレンタルを利用している人も多いだろうが、私は新品を買いたい方だ。
本にしても、図書館へ行く習慣は全くなく、買って書棚をにぎわしておきたいのである。
コピーしたCDだと、聴くのがつい億劫になり、大金をはたいていないから、ついぞんざいに扱ってしまう。
よって、これだと決め込んだCDには、著作権者に還元すべく、正規の料金を払い、襟元を正して聴く、善良な消費者である。

そう言いながらも、年に5〜6枚程度の購入頻度であるが、先日、久しぶりに買ったのが『ビギンの島唄/オモトタケオ2』。
BEGINのCDを買うのは初めてで、まちだ屋の店長さんから、「今度


2002年7月3日発売!

のニュー・アルバムは、カンカラ三線の練習曲が収録されていておもしろいよ」というお薦めにのかった。

実は今、このバンドに出会えた喜びをかみしめている。
三線のリズムにのせて、ウチナーのアイデンティティーである島唄をうたうかっこよさに、少々嫉妬も感じている。
このアルバムでは、彼らのうたう島唄に心酔い心躍らせているのだが、どうも、BEGINは根っからの島唄バンドではないらしい。
デビューして十数年、ハードロックを刻んでいた時もあったと聞く。
そうした経歴には、ここでは深く立ち入らないようにして、しばし『島唄のビギン』に酔いしれよう。

このアルバムを手にしたことによって、あらためて我々ヤマトゥの人間が大事にすべき音楽が見えてきた。
そして、エンヤトット一座のやろうとしていることが、大きくはずれていないなという自信も得た。
こうして彼らの後姿をとらえたが、我々の道はまだ遠い...。

by くりんと