Guitar Case 18

back!  menu!  next! トップへ!

祝・ドリフターズ紅白出場

2001年の大晦日を飾る紅白歌合戦の出場者が決まった。
『明日があるさ』でウルフルズと吉本オールスターズが選ばれたのは、今年を象徴している感じだが、私の世代には朗報の、ザ・ドリフターズが選ばれた。
意外にも初出場らしい。
そう言えば、当時は、児童・生徒に見せたくないワースト番組のレッテルを張られていたなあ。
しかし、一時代を築いたのはまぎれもない事実で、『8時だよ全員集合!』の高視聴率に加え、私などは数々のヒット曲にこそ愛着がある。

 


『ズンドコ節』をはじめドリフターズの曲って、けっこうエンヤトットじゃありませんか?
ついでに、私自身、クレイジーキャッツも大好きだが、『スーダラ節』をはじめ、彼らもけっこうエンヤトットです。
私の音楽のルーツは、ここらへんだったりして。
実は、『ズンドコ節』や『スーダラ節』みたいな曲にもすごくあこがれていて、本気でああいう曲を模索している。

彼らは、もともとミュージシャン。
ビートルズの来日公演の時も、名誉ある前座を務めた。
高木ブーに至っては、ミュージシャンになるつもりがコメディアンをさせられて、当時は、ずいぶん苦痛だったらしい。
で、今では、ハワイアンのバンドを組んで、ウクレレをやっている。
NHKの『趣味悠々』と言う番組でも、ウクレレの講師を勤めていたが、私も、1本買ってしまった。
ちなみに、いかりや長介もいい歳のとりかたをしている。
役者やったりCMに出てたり、今の顔が大好きである。

紅白では、期待に応えるべく、やっぱりドタバタ劇をやるのだろうけど、私の希望としては、晴れの舞台でミュージシャンのドリフターズをきどってほしい。
でも、志村研が入ると、やっぱりひげダンスやバカ殿になるんだろう。
と言いながら、テレビの前で笑っている私を想像した。

by くりんと