Guitar Case 4

back!  menu!  next! トップへ!

世界にうってでるなら、「ヨイトマケの唄」

12月26日のNHKの番組「そして歌は誕生した(第11集)」で、丸山(三輪)明宏の「ヨイトマケの唄」が取り上げられた。
先に述べた、音楽評論家藤田正さんの著書『メッセージ・ソング』やその講演でも、この唄が紹介されている。
1965年(昭和40年)にヒットしたこの唄は、その後放送禁止歌になったこともあってか、私たちの世代では知る人も少ない。
こうした経歴を持つ唄が、『喝采』や『知床旅情』と並び賞してNHKが取り上げたことも驚きである。

ヨイトマケとは、昭和30年代ぐらいまではよく見られた、建築現場で地ならしをする力仕事で、おもに女性が携わったらしい。
男に混じって汗まみれ土まみれになって日銭を稼ぐ母によって、一人前に育てられたこの唄の主人公。
死んだ母を「母ちゃんの唄こそ世界一」とうたい、ダイナミックにストーリーが展開していく。
昭和20・30年代に見られた貧困・差別が、この歌の根底にあり、そこを正面から歌い上げたこの歌は、世界に通用するメッセージ・ソングといえる。

三輪明宏といえば、その外見から、私自身ほとんどよいイメージをもっていなかった。
しかし、彼の生い立ちやシャンソン歌手としての生き方を番組で知り、「ヨイトマケの唄」の強烈なメッセージを受け止めるなか、彼のあのスタイルも、1つのメッセージとさえ映るようになった。
失礼ながら、歌のうまさも本物で、その実力に裏付けられた歌詞なればこそ、聴くものをとらえるのだろう。(これは大いに見習わなくては。)

日本には、いい歌がたくさんある。
聞き手の、そのときの在り方によっては、どの歌も名曲になりうる。
しかし、「ヨイトマケの唄」のメッセージ性、丸山明宏の生き方、そしてその表現力を取って言うなら、これまで日本で生まれてきたあらゆる唄は、この唄の前に吹っ飛んでしまうことだろう。
作家なかにし礼氏のこの意見に、全く同感である。

(参考文献:『メッセージ・ソング』藤田正著・解放出版)  

by くりんと
 

ヨイトマケの唄
   作詞・作曲:丸山明宏
   編曲:川上栄一

1)
今日も聞こえる ヨイトマケの唄
今日も聞こえる あの子守唄
工事現場の ひるやすみ
たばこふかして 目を閉じりゃ
聞こえてくるよ あの唄が
働く土方の あの唄が
貧しい土方の あの唄が

2)
子供の頃に 小学校で
ヨイトマケの子供
きたない子供と
いじめぬかれて はやされて
くやし涙に くれながら
泣いて帰った 道すがら
母ちゃんの働く とこを見た
母ちゃんの働く とこを見た

3)
姉さんかむりで 泥にまみれて
日に灼けながら 汗を流して
男にまじって 綱を引き
天にむかって声あげて
力の限りに うたってた
母ちゃんの働く とこを見た
母ちゃんの働く とこを見た

4)
慰めてもらおう 抱いて貰おうと
息をはずませ 帰ってはきたが
母ちゃんの姿を 見たときに
泣いた涙も 忘れはて
帰っていったよ 学校へ
勉強すると 云いながら
勉強すると 云いながら

 

 

5)
あれから何年たった事だろ
高校も出たし 大学も出た
今じゃ機械の世の中で
おまけに僕はエンジニア
苦労 苦労で 死んでった
母ちゃん 見てくれ この姿
母ちゃん 見てくれ この姿

6)
何度か僕も グレかけたけど
やくざな道は ふまずにすんだ
どんなきれいな 唄よりも
どんなきれいな 声よりも
僕をはげまし 慰めた
母ちゃんの唄こそ 世界一
母ちゃんの唄こそ 世界一